小さいうちは、子供はよく風邪をひいたりしますよね。
その為、身体を鍛える目的や体力をつけたいと考えて、スイミングを習わせたいと考える親は多くいますよね。
でも、いつからスイミングを習わせたらいいのか、悩んでしまいますよね。

そこで、今回はスイミングはいつから習い始めるべきかについて説明を行いたいと思います。

スイミングを習わせる時期について

小さいこどもは、水を怖がったりしてしまうので、スイミングを習わしたくても、いつからが適切であるのか分からないですよね。
スイミングを行うことで、全身運動を行うので、身体の筋肉を身につけることができて、強い身体を作ることが出来ます。
また、目標を持って頑張る気持ちも同時に育てることが出来ます。

いつから習わしたらいいのか悩むと思いますが、小学生の低学年が望ましいと言われています。
成長期でもあり、覚えもいいからです。

小さいうちから、習わしてあげるのもいいと思いますよ。
でも、習うというより、水に慣れながら遊ばせるとうい感覚です。

幼児期は、親子で楽しむ親子スイミングスクールが多くあります。
親子で、スイミングを楽しむ感覚ですね。
でも、内臓が未発達な、1歳〜3歳はまだ控えておいた方がいいです。

スイミングで、多くの効果が得られる

スイミングを行うことで、子供の成長に多くの効果を得ることができます。
いつから行っても、効果は得られるので、子供が楽しみながら出来る時期に習わせてあげてくださいね。

スイミングは、全身運動なので、バランスのとれた体作りを行うことが出来ます。
また、プールでの息づきは、心肺機能を鍛えることができ、喘息にもなりにくくなります。
泳ぐことで、神経回路を刺激するので、頭の回転も早くなると言われています。

スイミングを行うことで、子供の成長にとても効果があります。
楽しみながら、このような効果が得られるのはいいことですよね。

まとめ

いつからスイミングを習わしたらいいのか悩んでしまいますが、年齢によって学び方が異なってきます。
その為、目的によって、いつから習わせるか決めてみたらいいと思いますよ。
また、いつから習わしても、効果を得ることができるので、スイミングを行うことは成長過程で大切になってきます。

いつから習わすにしても、子供におしつけないようにしてあげてください。
子供の成長をみながら、いつから習わすのか決めてあげてくださいね。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!