幼児の間に、算数を好きにさせたいと考える親は多くいますよね。
でも、実際にどのようにしたらいいのか悩んでしまいます。
そこで、今回は幼児を算数好きにさせるコツについて紹介します。

数字を身近に感じさせる

日常生活に中で、自然に数字に触れさせることで、楽しく感じて、算数が好きになります。
少し親が意識するだけで、自然に数に触れさせることが出来ます。
幼児が簡単に出来ることを考えてみてあげて下さい。

・お金に触れさせる…レジのおもちゃで、物とお金を交換したりして、買い物ごっこをする。

お金で物を買うことで、自然と数字を覚えたりします。
スーパーでお金を払って貰ったりするのは、幼児なら楽しむことが出来るので良い体験です。

・数を使ったゲーム…サイコロを振って、その数だけ進むすごろくがおすすめです。

ぱっと見て、「1」「2」「3」「4」「5」の数までは誰でも瞬時に判断できるといわれています。
1、2・・3と数を指で指して数える数唱をさせるよりも、まずは瞬時に1から5までを判断できるように訓練するとよいでしょう。

また、トランプも数を身近に感じることが出来ます。
神経衰弱なども、楽しみながら行うことで出来るので、良いですよ。

少し数字を理解出来るようになれば、七並べをしてもても効果的です。
数字を順番に並べていくので、算数に強くなっていきます。

オセロも、数の多さで勝負するので、多い・少ないを身に着けることができます。
幼児の間に、数を身近に感じさせる遊びをすることで、算数が好きになります。

絵本で学ぶ

幼児に算数を好きになってもらうのは、少し難しく感じてしまいますよね。
そこで、絵本を使うことでも、算数を好きになって貰うことができます。

・ふしぎなたね…
一つ埋めると翌年には必ず2つの実がなる絵本です。
絵本を楽しみながら、5年後には何個の実がなるか?と自然と算数が出来るようになります。
幼児でも自然と指で数えたりして、数字を理解していきます。

・はじめてであうすうがくの絵本…
いろいろな考え方をさしてくれる絵本です。
すうがくとありますが、難しくなく、楽しみながら絵本を見ることができます。
発見の喜びと創造の楽しさを感じさせてくれます。

日常生活の中で数字に触れさすことが大切

幼児に算数を好きにさせるには、日常生活の中で数字に触れさすことが大切です。
無理に学ばすのではなくて、遊びの中から学ぶことで、算数を好きになります。
幼児から数に触れさすのは、とても良いことであるので、ぜひ試してください。

また、幼児は絵本も好きなので、少し意識して算数の絵本を購入するのもおすすめです。
幼児から算数を好きにさせるのは、楽しめるようにしてあげることが必要です。
自然と、算数を好きになることが出来ますよ。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!