子供に、自宅でピアノの練習をさせたいけれども、なかなか集中してくれないと悩む親も多くいます。
また、どのように練習をさせたら良いのか分からない場合もありますよね。
そこで、今回はピアノの練習のさせ方とコツについて紹介します。

ピアノの練習のさせ方

ピアノの練習は、子供が楽しいと感じないと、長く継続させることは難しいです。
その為、初めは母親がお手本になってあげることが大切です。

お母さんが楽しそうにピアノを弾いてみて下さい。
子供は、楽しそう!面白そう!と感じると、自ら行おうとします。

母親が、楽しそうにピアノを弾いいる姿をみていると、子供も弾きたいと感じます。
きっと、子供も興味を持ってくれますよ。

子供がピアノの練習を始めるようになったら、「褒める」ことを忘れないで下さい。
少しでもピアノが上手に引けたら、大げさに褒めてあげて下さいね。
子供は、とっても嬉しくなって、どんどん上手になりますよ。

でも、練習時間は、短時間にしてあげて下さい。
ピアノを早く上達して欲しいと感じて、長く練習させようとしてしまいますよね。
それは、間違いです。

ピアノの練習は、毎日するのが望ましいですが、時間は、10分〜20分を目標としてみて下さい。
飽きることなく、練習を毎日するのに、苦痛を感じなくなります。

ピアノの練習のコツ

ピアノの練習を行うには、楽譜を覚えなければいけません。
楽譜を覚えるのは、楽しみながら覚えるようにしていきましょう。
大きい紙に、五線譜を書いて、フェルトで作った音符を置いていきましょう。

ホワイトボートに書いて、音符を貼る方法もあります。
自然と楽譜が読めるようになりますよ。

遊びを通しながら、たくさんの刺激を与えてあげましょう。
想像力・思考力・社会性を身に着けることが出来ますよ。
子供は、興味のあることなぢは、自然と覚えることがで出来るので、「楽しむ」ということを忘れないで下さい。

ピアノの練習まとめ

子供に、ピアノの練習を行うには、楽しみながら行うことが1番です。
初めは、親が見本になってあげることで、子供も安心しながら、ピアノに取り組むことが出来ます。
また、出来たらしっかり褒めることを忘れないで下さいね。

何事も、親が強制的に行っても、子供は楽しさを感じません。
すぐに身に付くことはないので、毎日続けられるように親が見守ってあげることが大切です。
一緒に楽しみながら、時には、子供だけで練習する時間も与えて、子どものペースを大切にしてあげて下さいね。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!