子供に逆立ちの練習をさせたいけれど、どのようにして練習をしたらいいのか悩んでしまいますよね。
また、しっかり支えることが出来るのか、不安に感じてしまいます。
そこで、今回は逆立ちの練習のコツについて紹介します。

逆立ちの練習のコツ

逆立ちを練習する時期は、支えや補助があれば、年少から年中で行うことが出来ます。
でも、個人差があるので、出来ないから運動神経が悪いということではないので、心配しないで下さいね。

逆立ちに慣れるために、徐々にステップアップしていくことが大切です。

1)腕で体を支える練習をする…腕立て伏せのような形をイメージして、台などの上に足を置きます。

その体制に慣れてきたら、台を少しずつ高くしていきましょう。

2)補助ありの倒立の挑戦…最初の足を振り上げる練習をします。

出来るようになれば、足を蹴り上げる練習をします。

3)補助なしで行う…急に補助なしでは、逆立ちに恐怖を感じてしまうので、少しずつ手の力を抜いていきましょう。

だんだんと手の力を抜く時間を長くしたりして、逆立ちの練習をしていくと、逆立ちが出来るようになります。

子供が怖いと感じたら、無理をさせないようにしましょう。
子供のペースれ、練習をしてあげて下さいね。

危険の少ない関わり方が大切

逆立ちの練習は、慣れるまで子供は少し恐怖を抱いてしまうこともあります。
その為、子供に恐怖を感じないように練習をしてあげることが大切です。

・壁に向かって逆立ちをして、必ず横から補助に入りましょう。
・膝をついてかがみ、子供が逆立ちするときは、腰のあたりを支えてあげましょう。
・10秒したら、降ろしてあげる

逆立ちには、体がまっすぐになっていることがポイントです。

こうすると、恐怖を感じないで、自然と逆立ちの練習を行うことが出来ます。

逆立ちの練習まとめ

逆立ちの練習は、初めて行うと、子供は怖く感じてしまい、親はどのようにしたら良いのか不安を感じてしまいます。
でも、段階を踏んで練習を行うことで、子供も慣れてきます。
慣れてきたら、ポイントを踏まえて、練習していきましょう。

親が練習のやり方を把握しておけば、子供は安心して逆立ちの練習を行うことが出来ます。
子供と一緒に、逆立ちの練習を楽しみながら習得してみて下さいね。
親子でのスキンシップも取ることがで出来るので、とても良い経験になります。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!