子供が、ちょうちょ結びに興味を示してくるときがありますよね。
ちょうちょ結びは、少し難しくて、どのような教え方をしたらいいのか悩んでしまいます。
そこで、今回はちょうちょ結びの教え方のコツについて紹介します。

ちょうちょ結びを日常生活に取り入れる

子供がちょうちょ結びに興味を示してきたときが、教えるタイミングです。
でも、どのような教え方が身に付くのか気になります。

子供は、楽しいと感じることが出来れば、習得しようと頑張ります。
その為には、日常生活の中に取り入れることです。

普段使っているお弁当入れを、紐のあるのに変えてみる。
女の子であれば、人形の髪の毛をちょうちょ結びで結ぶように提案する。
料理をするときに、紐のあるエプロンに変えて、子供に結んでもらうようにする。

このように、日常生活の中で、ちょうちょ結びをする機会を与えてあげると、頑張ろう!という気持ちにさせます。
教え方も大切ですが、子供の意欲を向上させてあげることの方が先ですよ。

ちょうちょ結びの教え方のコツ

さあ!ちょうちょ結びをしようと言っても、なかなかすぐに出来ることではありません。
ちょうちょ結びは、難しいので、教え方に悩んでしまいますよね。
教え方は難しいですが、楽しみながら行うことが大切です。

そんなとき、厚手の紙か段ボールを用意しましょう。
穴を2つ開けて、、色違いの紐を通します。
紐の色が違うと、教えるときに、とても便利ですよ。

教え方は、少し難しく感じてしまいますが、簡単に伝えてあげましょう。
初めは、ゆっくりと動作を覚えてもらうようにしてあげて下さいね。

1、左右のひもを交差させて、上側のひもを下にくぐらせましょう。
2、後ろから上に出して、左右に引っ張る。
3、下側のひもで「まるを作ろうね」と言って、輪っかを作ります

4、上側のひもを下側の輪っかに巻いて、間にひもを通して後ろから引っ張る
言葉にすると、少し難しく感じるかもしれませんが、説明しながら行うと、イメージすることが出来ます。

まとめ

子供にちょうちょ結びの教え方は、難しく感じますよね。
でも、日常生活で取り組むことで、子供はやる気を出します。
教え方を悩むより、子供が取り組める環境にすることが大切です。

子供によって、ペースや教え方を変えて、教えてあげて下さいね。
怒ったりはしないようにして、少しでも成功したら、しっかり褒めてあげて下さい。
ちょうちょ結びを楽しみながら、教えることが出来ます。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!