子供にひも結びを教えたいけれども、どのような教え方が良いのか分からないですよね。
教え方をどのようにしたら良いのか、難しく感じてしまいます。
そこで、今回はひも結びの教え方のコツについて紹介します。

ひも結びの教え方

幼稚園に入園したりすると、お弁当袋のひもを結ぶ機会がありますよね。
でも、子供はなかなか上手く出来ないことが多くあります。
子供がやる気を感じているときに、教えてあげると、すぐにひも結びを習得することが出来ます。

ひも結びの練習を行うときは、しっかりした紐2本を用意します。
1、紐の両端を持って交差させるようにします。
子供には、「お山を作ろうね〜」と言うと分かりやすいですよ。

2、一方の端をくぐらせましょう。
「トンネルにくぐらそう」と言って、くぐらせましょう。

3、交差した部分がズレないように、手で固定します。
そのまま、両端を引っ張て、ひも結びを行う。

子供には、分かりやすいように説明すると、理解してくれます。
教え方は、簡単に考えてみて下さいね。
その方が、子供にはとても伝わりやすいです。

ひも結びのコツ

ひも結びの教え方も大切ではありますが、子供の目線になって教えてあげて下さい。
初めは、子供の手を持ちながら教えてあげてみましょう。
ひも結びのイメージが付くので、数回練習すると、出来るようになります。

1つ1つの動作をゆっくりしてあげてると、子供もしっかり見ることが出来ます。
早かったり、理解することが出来ないと子供のやる気を損ねてしまう可能性があります。
出来ないのは当たり前であるので、怒るのは禁物ですよ。

教え方は、子供の性格によって少し変えてみて下さいね。
すぐに飽きてしまう子は、遊びの中で取り入れてみても良いです。

紐で練習したり、好きなおもちゃをナプキンで包んで練習してもるのもいいですよ。
出来たら、しっかり褒めてあげて下さい。

まとめ

子供のひも結びを教えるのは、少し難しく感じますよね。
なかなか上達できないからと言って、教え方が悪いという訳ではありません。
教え方は、子供に分かりやすいように伝えることが大切です。

子供が飽きたり、難しく感じるようであれば1度休憩することも必要です。
ひもの結び方は、教え方によって上達してきます。
ひも結びが上達したら、出来たことをきちんと褒めてあげて下さいね。

教え方も大切ですが、楽しみながらひも結びの練習が出来るようにしましょう。
親子で、楽しい時間を過ごすことが出来ますよ。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!