子供にお箸の持ち方を教えたいけれども、どのような教え方をしたら良いのか悩んでしまいますよね。
初めにきちんとした持ち方を教えないと、良い教え方をしても変な癖がついてしまいます。
親が正しいお箸の持ち方を習得していることが、大切です。

そこで、今回はお箸の持ち方と教え方のコツについて紹介します。

お箸の教え方のコツ

お箸を教えるタイミングは、スプーンを正しく持つことが出来るようになったら、お箸の持ち方を教えてあげて下さい。
初めの教え方が、今後の継続に大切になってきます。
お箸の教え方は、子供の立場になって、教えてあげて下さいね。

初めは、1本のお箸で持ち方を教えてあげましょう。
2本から始めると、固定がきちんとできなかったりするので、1本からがおすすめです。

また、食事中にお箸の持ち方を教えないようにしまよう。
何度も口出しをされると、楽しい食事時間が台無しになってきます。
嫌になってしまう可能性があるので、避けて下さいね。

子供にお箸の持ち方をイメージ出来る教え方は、絵本を読んであげるのも1つの方法です。
持ち方をイメージできると、お箸の持ち方をスムーズに理解出来るようになります。

お箸の持ち方について

お箸の持ち方は、初めが重要ですよね。
子供の時に、正しいお箸の持ち方を教えてあげましょう。

1、鉛筆を持つように、人差し指と中指と親指で1本のお箸を持つ練習をしましょう。
2、人差し指と中指を少し曲げて、上下動かします。
3、親指と人差し指の付け根で挟み、薬指の爪の当てて固定をします。

4、2本の箸先を揃えて、上下のお箸を持ちます。
5、下のお箸は動かさないようにして、人差し指と中指で挟んで上下動かす。

子供にお箸の持ち方を教えるのは、少し難しく感じてしまいますよね。
そのときは、エジソンのお箸を使用して、持ち方に慣れてもらったら良いと思います。
持ち方に慣れてくると、普通のお箸で自然と持つことが出来ます。

まとめ

お箸の持つ教え方は、親が正しくお箸を持てていないと難しいのは確かです。
教え方を考える前に、もう一度親が正しくお箸を持てているか確認してみて下さいね。

教え方は、口頭で伝えるのでは、子供も難しく感じてしまうことがあるので、楽しむことが出来るように絵本を用いるのが効果的です。
子供がお箸を使うのが嫌になってしまったら、無理に教えないようにしましょう。
教え方も大切ですが、楽しみながら、お箸を持つ練習をしてあげましょう。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!