子供が幼稚園に入園すると決めたら、まずは面接がありますよね。
面接に、父親が同伴する場合は多くあります。
そこで、父親はどのような面接対策が必要かや、服装はどうしたら良いのか悩んでしまいます。

そこで、今回は父親の幼稚園面接対策は何をすべき?について紹介します。

父親の事前対策について

幼稚園の面接は、子供に保護者が1名付き添えば良いとされている幼稚園が多いです。
でも、父親も一緒に面接を受けた方が、家族の団結力を感じることが出来ます。
親も、面接で答えないといけない場合があるので、子供と一緒に面接対策することが必要です。

子供には、面接で基本的なことが聞かれるので、親子で面接対策することが必要になってきます。
子供に、「名前は何ですか?」や「何歳ですか?」など聞かれることがあるので答えることが出来るように面接対策をしましょう。

面接では、子供だけではなくて、親に質問されることもあります。
「なぜこの園を選んだのか?」や「幼稚園に何か望んでいることがあるか?」など幼稚園についての質問をされることが多いです。
また、「子供の良いところは?」や「子供の成長で悩んでいることはあるのか?」など子供の成長についての質問もあります。

だいたい3歳頃には、オムツが取れる時期です。
質問で「トイレトレーニングの状況はどのようですか?」なども聞かれることがあります。
日頃から子供と生活を共にしていないと答えることが出来ません。

父親が面接に同伴するのであれば、きちんと受け答えの面接対策をしましょう。
通う幼稚園を決めたのであれば、情報収集を行ってみるのも面接対策の1つです。

父親の服装は?

面接を行うときは、質疑応答も大切になってきますが、身だしなみも大切です。
その為、面接のときの父親の服装は、基本をしっかりしなければいけません。

父親の面接時の服装は、スーツが基本です。
シャツは白色で、ネクタイは紺色が一般的です。
靴は、黒色がいいですが、幼稚園に入るときは脱ぐのですが、靴も見出しなみの1つです。

幼稚園に入るときは、コンパクトなスリッパを持参しましょう。
そのスリッパも、黒などのシンプルなスリッパを選ぶことが大切です。
派手であったりすると、印象が良くないですしね・・。

幼稚園の面接は、堅苦しい感じではありませんが、身だしなみはきちんとしておくことが大切です。
幼稚園の生徒の親として、ふさわしいか判断される1つの要素となります。

まとめ

幼稚園の面接は、子供と母親が答えたら良いと感じている父親は多くいます。
ですが、面接時に父親に質問されることがある場合もあるので、事前に面接対策をしておくことが大切です。
質問内容は、幼稚園によって異なります。

もし、在園の親と知り合いであれば、どのような質問をされたのか聞いてみるのも良いですよ。
とても参考になるので、面接対策がしやすいです。

面接での、質疑応答も大切ではありますが、身だしなみも大切になってきます。
父親は、きちんとスーツで、整えるようにしましょう。
幼稚園で履く、スリッパにも気を付けることも面接対策で重要ですよ。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!