子供が1人でトイレに行けるようになると一安心します。
だが、小学校のトイレや公衆トイレには、和式のトイレしかない場合がありますよね。
子供が困らないように、和式でのトイレトレーニングを行いたいがどうしたら良いのか悩んでしまいます。

そこで、今回は和式のトイレトレーニングのすすめる方法について紹介します。

和式トイレのイメージをつける

今ではほとんどの自宅では、洋式のトイレです。
そのため、和式でトイレを行う機会があまりありません。
いざ和式で行おうとしても、子供はやり方が分からない場合が多いです。

子供が、和式トイレでのトイレを困らないようにすることが必要です。
まずはじめに和式トイレとはどのようなトイレであるのかイメージを持ってもらうことが必要です。
絵本などもあるので、子供と一緒に絵本を読んでみましょう。

しゃがんでおしっこやうんちを行うトイレもあると言うことを伝えて下さい。
子供も、理解してくれるようになります。

和式トイレの練習の行い方

和式トイレでのトイレトレーニングを行うに、1番必要なことはしゃがむことが出来ることです。
初めにしゃがむ練習を行うようにしましょう。
意外にも、しゃがむことが出来ない子供も多くいます。

そのようなときは、足首をぐるぐる回したり、つま先立ちをしたりして足首の柔軟を鍛えて下さい。
きちんとしゃがむことが出来ら、出来るだけ前の方にしゃがむように説明します。
後ろ過ぎたりすると、うんちが出てしまったりすることもあるので注意が必要です。

しゃがんだときに、足先がきちんと左右揃えるようにします。
また、両ひざがくっつかないようにしてしゃがんでみましょう。
この点に注意すれば、和式トイレのトイレトレーニングはスムーズに行うことが出来ます。

自宅で練習を行うことが出来る部分も多くありますが、実際に行わないと子供は不安です。
ショッピングモールなどに行ったときに、子供と一緒に和式トイレトレーニングを行ってみましょう。
その都度、教えてあげると子供もトイレトレーニングに自信が付きます。

まとめ

和式トイレトレーニングは、どのようにしたらいいのか悩んでしまいますが、はじめにイメージを付けることが大切です。
怖くないよ!と言って、恐怖心を持たせないようにしましょう。
1番の基本動作は、しゃがむことであるが、しゃがめないと、和式トイレトレーニングを行うことが出来ません。

しゃがむことが出来るように家で出来るストレッチは、きちんと行うようにして下さいね。
子供に自信が付いたら、実際に和式トイレでトイレトレーニングを行いましょう。
親が一緒であると、子供も安心出来るので、はじめは必ず一緒にトイレトレーニングを行ってあげて下さいね。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!