子供が日中オムツが外れるようになったら、夜のおオムツを外そうと感じる親は多くいます。
でも、他の家庭では、夜のおむつは何歳で外しているのか疑問に感じますよね。
そこで、今回は夜のおむつがとれるのは何歳が目安?について紹介します。

夜のオムツが取れるのは何歳が目安?

子供が成長していくと、オムツが取れてきますよね。
トイレの間隔も空いてくるので、そろそろ夜のおむつを外したいと考えます。
その時期は、子供によって異なってきますがだいたいは3歳が目安です。

3歳になると、おしっこが溜められるように膀胱が大きく成長します。
また、夜のおしっこを濃縮するホルモンも増えてきます。

でも、子供の成長のスピードは個人差があって当たり前です。
夜オムツをしていても、朝起きてオムツが濡れない日が増えてきたら、そろそろ夜のおむつを外すタイミングと考えて下さい。
友達がもう夜のおむつをしていないと聞くと、焦ってしまいますよね。

でも、無理に外してしまうと、おねしょをする機会が増えてしまいます。
親は、おねしょに対して怒ってしまったりしてしまいますよね。
それは、子供にストレスを与えてしまっているので、悪影響です。

3歳〜5歳には、夜のおむつは自然と外すことが出来るので、気長に待ちましょう。
何歳までに夜のおむつを外さないといけないとは決まっていないので、子供に無理させないようにしてあげて下さいね。

夜のおむつ外しの決まりごと

夜のおむつを外すには、何歳の子供でもおねしょをしないか不安でいっぱいです。
おむつを外すのは何歳が良いのか気になりますが、子供と母親が良い関係を保つことが必要です。
その為、おねしょをしても怒らないようにしましょう。

また、おねしょして!と言って怒ってしまいそうになりますが、グッと堪えましょう。
怒られることで、子供はストレスを感じてしまいます。
ストレスは抗利尿ホルモンの分泌を妨げてしっまいます。

また、同じ年齢のお友達がオムツがはずれていると、親も焦ってしまいますよね。
親が子供に焦らせてしまうこともストレスの原因になってしまうので、注意しましょう。

おねしょされるのが困ってしまうからと言って、夜間に起こすのは避けて下さい。
子供の成長には、個人差があります。
その為、しっかり成長してきたら、夜間おねしょはなくなります。

睡眠を妨げることでも、抗利尿ホルモンが妨げられるので注意が必要です。
何歳が目安かは子供の成長によって異なるので、親は、余裕を持って構えておきましょう。

まとめ

何歳に夜のおむつがいつとれるのか、気になりますよね。
でも、子供によって成長のスピードは異なってくるので、何歳かは他の子供とあまり比べないようにしましょう。
だいたいは3歳〜5歳までにははずれるので、それまでで、良いタイミングに出会えるはずです。

何歳か気にするより、親は心に余裕を持つようにして、子供と関わっていきましょう。
おねしょをしてしまっても、仕方ないことと思うようにして怒らないようにしてください。
また、何歳までにオムツを外さないといけない!と焦らさないようにして下さい。

親が、怒ったりすることで、子供はストレスを感じてしまいます。
ストレスは、抗利尿ホルモンを乱してしまうので、おねしょの原因になってしまいます。
また、夜も起こさないようにして、子供のペースに合わせてあげて下さいね。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!