今では、小学校でも英語が必要になってきます。
その為、早い時期から英語の習い事を行っている家庭が多くあります。
英語の習い事をさせるのに、どの教室を選んだら良いのか悩みますよね。

そこで、今回は英語の習い事・教室の選び方について紹介します。

英語教室の選び方

子供に習い事で、英語をさせようと決めたら、教室選びを行わないといけません。
初めに、きちんと教室を選ばないと、きちんとした英語を身に付けることが出来ません。
習い事には、良い教室を見分けることが必要です。

・英語の習い事の時間はどのくらい?

だいたいは、週に1回くらいが適切です。
時間は、1時間から45分くらいが子供も集中して取り組むことが出来ます。

・先生はどのような方?

英語の習い事といえば、先生が気になりますよね。
外人の先生でなくても、日本人の先生で英語をしっかり習得されている先生は多くいます。

ネイティブにこだわる日本人は多いですが、逆にノンネイティブのほうが英語習得の仕方に苦労してきたので、日本人の教育に慣れている場合があります。

また、教え方はどのようにしているのかなども確認しておきましょう。
どのくらいの英語を習得されているのか確認していると安心できます。

・何を中心に教えているのか?

英語の習い事といっても、教室によって、中心に教えていることは異なります。
聞く・話す・読む・書くをバランス良く教えてくれる教室が望ましいです。

・月謝はいくらくらいか?

だいたいは、1か月6千円から8千円が多いです。
教材費などもきちんと説明してくれる教室は、信頼できます。

おすすめできない教室の特徴

英語の習い事でも、個人でしている教室も多くあります。
やはり、その中にはあまりおすすめできない教室もあります。

・メインのレッスンが曖昧

英語教室では、きちんとメインのレッスンが明確になっています。
でも、それが曖昧であると、信頼することは難しいので、メインのレッスンを聞くようにしましょう。

・先生がコロコロ変わる

先生が毎回変わったりすると、子供が慣れるということがありません。
その為、英語の習い事で、ストレスを感じてしまうので、1年間は同じ先生であるかを確認して下さい。

・教室が汚い

教室が汚かったり、整理が出来ていないとレッスンが手抜きの場合があります。

・噂が好きな先生

近所の噂などが好きな先生には、要注意です。
個人情報が漏れてしまう恐れがあるので、注意して下さい。

まとめ

英語の習い事をさせようと決めたら、まずは教室を選びましょう。
自宅から近い方がいいのですが、それだけで決めないようにして下さい。
1度体験に行って、本当に英語を習得することが出来るのか判断しましょう。

おすすめできない教室は、どのようなことかを知っていると、それを基準に判断することが出来ます。
せっかく英語の習い事をするのであれば、きちんと英語を習得できる教室を選ぶようにして下さいね。
そうすると、子供も楽しみながら英語の習い事を行うことが出来ます。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!