子供が友達を叩いてしまったら、親としてとても悲しいですよね。
友達を叩く子供に対して、どのような声掛けを行ったらいいのか悩んでしまいます。
また、お友達を叩く子供へのしつけの仕方も気になります。

そこで、今回はお友達を叩く子供へのしつけの仕方について紹介します。

お友達を叩いたときの理由

子供がお友達を叩いてしまったら、はじめに叩く子供を怒ってしまいますよね。
でも、お友達を叩いてしまう経緯には、何か理由があることがあることが多いです。
子供に、「どうして友達のことを叩いてしまったのかな?」と理由を聞くようにしてあげて下さい。

・先に友達が叩いてしまったかもしれない。

おもちゃの取り合いで、友達が先に叩いて、子供がやり返した場合があります。

・友達に嫌なことをされた場合がある

友達に嫌なことをされて、手が出てしまった場合があります。

・成長段階によるもの

特に2歳くらいは、言葉がうまく使えません。
友達との関わり方で、手が出てしまう場合があります。

・大人との関わりが原因

家庭でのストレスや兄弟が産まれたことで、たくさんのストレスを感じている場合があります。
そのせいで、お友達に手が出てしまうことがあります。

子どもがお友達を叩いてしまったら、まずは理由を聞くようにしましょう。
叩く子供には、何か理由があるはずです。

お友達を叩いたときに言ってはいけないこと

友達を叩いてしまった場合は、子供なりに理由がきちんとあることが多いです。
叩く子供に理由を聞かないで、怒らないようにしましょう。

・叩かれたら叩き返したらいい

絶対にやり返したら良いということは言わないようにしましょう。

何かされたらやり返したら良いと言うと、子供は勘違いします。
叩く子供に、いけないことをしてしまったら、謝ると言うことを教えてあげることが大切です。

・ダメな子

この言葉は、小さい子供でも、とても傷つきます。
親に否定されたと感じて、子供は感情を表現することが出来なくなってしまうので、言わないようにして下さい。

・我慢しなさい

よく、男なら我慢しなさいなど言ってしまうことがありますよね。
子供のときから、我慢することを覚えさせてしまうと、いろいろなことを我慢してしまいます。

ストレスが溜まってしまうことになるので、注意が必要です。
叩く子供が悪いだけではなく、環境が問題していることも理解しておきましょう。

まとめ

お友達を叩いてしまったら、すぐに叱るのではなくて、なんでお友達を叩いてしまったのか聞くようにしましょう。
また、すぐに手が出てしまう場合は、家庭環境などを見直して、叩く子供にストレスが掛かっていないか確認して下さい。
夫婦仲が良くないことも、原因になっていることもあります。

きちんと理由を聞いてあげたうえで、叩かれたら嫌な思いをすることを伝えてあげて下さい。
少しずつ理解してくれるようになります。

でも、2歳くらいであると、言葉の発達段階の途中であるので、手が出てしまうことがあります。
2歳であると、いけないことを伝えると、分かってくれることがあるので、言葉で教えてあげて下さいね。

しつけと言って、子供にきつい言葉は言わないようにしまよう。
子供の心はとても繊細であるので、親に言われた言葉で傷ついてしまいます。
きちんと叩く子供のことを理解して、しつけるようにしてあげて下さい。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!