子供が成長していくと、ゲームに興味が出てきます。
友達も持っているからと言って、ゲームを欲しがることが増えますよね。
でも、何歳からゲ子供にゲームを与えたらいいのか悩みます。

そこで、今回は子供へのゲームの与え方・何歳から何をさせる?について紹介します。

子供へのゲームの与え方について

子供がゲームに興味を持ち始めると、ねだってきますよね。
友達が持っているからと言われると、一緒に遊べないのかな?と思い購入してしまいます。
でも、ゲームは1度ハマってしまうと、なかなかやめられなくなってしまいます。

それは、子供だけではなく、大人も同じことです。
子供は、成長の最中であるので、視力が低下してしまったり、コミュニケーション能力が欠けてしまう恐れがあります。

そこで、ゲームの購入を決めたら、子供とゲームの約束を行うようにしまよう。

・1日に30分〜1時間の間で時間を決めましょう。

約束を破ると、1週間ゲーム出来ないなども決めておくと効果的です。

・宿題やお手伝いが終わってから

やることをやらないで、ゲームに夢中になってしまうケースがあります。
きちんと宿題などが終わってからなど、決めるようにしましょう。

・外へ持っていくのは、禁止

外でゲームを行うことで、公園などで体を動かして遊ばなくなります。
公園で元気に体を動かして、友達と遊ぶ時間も作るようにしましょう。

家庭によっては、約束は異なってくると思います。
でも、約束は子供と一緒に考えるようにして下さい。
約束を決めないと、いつまでもゲームを続けてしまい、成長や視力に悪影響です。

ゲームは何歳から何をさせる?

ゲームは、何歳からならさせても良いのか疑問に感じますよね。
早い時期に与えるよりかは、遅い時期に与えることが望ましいです。
でも、兄弟がいると、早くにゲームに興味を持つことがあります。

DSなどは、カセットを入れ変えれば、幼児でも遊ぶことが出来ます。
幼児にゲームを与えるのであれば、15分〜30分にしましょう。
対人関係を築く1番大切な時期です。

親や友達とのコミュニケーションを行うことで、言葉が発達していきます。
なるべくゲームなどは、与えない方が望ましいです。

小学校低学年になれば、親との約束を守ることが出来ます。
この時期くらいから、ゲームは与えても良いと思います。
時間は30分くらいにしておきましょう。

また、ゲームの中で人を殺すゲームもありますが、低学年には刺激が強いです。
車のレースであったり、何かを育てたりするゲームが望ましいです。

小学校高学年になると、たくさんのことを学んできたので、少し刺激のあるゲームでも大丈夫でしょう。
友達とバトルをしたり、倒したりするゲームをさせても良いと思います。

まとめ

ゲームを購入すると決めたら、必ず約束事を子供と一緒に考えるようにして下さい。
子供が約束を守れないときは、厳しくして下さいね。
また、きちんと外で遊ぶ機会も与えないと、体力が無くなってしまう恐れがあるので注意しなければいけません。

また、子供が早い時期にゲームに興味を持っても、すぐに買わないで、様子をみてみましょう。
約束の守ることが出来る小学生くらいに与えるのがベストです。
ゲームの内容も、きちんと把握して、購入するようにして下さいね。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!