子供が成長してくると、歯が生えてきますよね。
虫歯にならないように、フッ素塗布を行おうと考えている親は多くいます。
でも、何歳からフッ素塗布を行ったらいいのか分かりません。

そこで、今回は子供のフッ素塗布は何歳から始めるべき?について紹介します。

フッ素塗布は何歳から行うのが効果的?

子供の歯が生えてくると、何歳からフッ素塗布を行ったらいいのか悩みます。
子供の食生活などから、虫歯なりにくかったり、なりやすかったりします。
でも、虫歯を予防するのは、早めに対策をしておくことが必要です。

だいたいは、乳前歯が出てくる1歳前後から始めることです。
でも、1回〜2回塗っただけでは、効果はないと言われています。
3か月に1回くらいは、フッ素塗布が必要です。

金額は、住んでいる場所や歯科によって異なってきます。
だいたい1000円〜3000円と言われています。
フッ素塗布は、歯にフッ素を塗るだけであるので、数分で終了します。

でも、口を開けることに対して嫌がる子供はたくさんいます。
何歳から必ず行わないといけないということではないので、無理にしなくても大丈夫です。
おうちで、きちんとケアを行うすることが大切です。

自宅でのフッ素塗布ケア

子供に歯が生えてくると、自宅での毎日の歯磨きが大切になっています。
毎日きちんと歯磨きが出来ていないと、フッ素塗布を行っても、虫歯になってしまいます。

家で使用する歯磨き粉は、フッ素が入っているのを選びましょう。
何歳からフッ素塗布を行うかより、毎日のケアの方が大切ですよ。
今では、イチゴ味やメロン味やブドウ味があって、子供も嫌がることがほとんどありません。

何歳からかより朝・晩としっかり歯磨きをする習慣うを付けて、最後は仕上げ磨きをしてあげましょう。
3歳から4歳の間に、フッ素塗布が無料で行うことができる地域もあるので、それを使用してみて下さい。

まとめ

何歳からフッ素塗布を行ったらいいのか悩みますよね。
でも、何歳からかこだわるよりも、自宅でのフッ素ケアをきちんと行うことが必要になります。

何歳からフッ素塗布を行ったらいいのかは、だいたい1歳前後と言われています。
だが、1度行っただけでは、効果はないです。
定期的にフッ素塗布を行わないといけないので、フッ素塗布を継続するのであればフッ素塗布を始めましょう。

何歳からでも、子供が嫌がらないでフッ素塗布を行うことが大切です。
子供の歯は大切であるので、きちんとケアを行ってあげて下さいね。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!