子供が成長していくと、3歳児健診がありますよね。
3歳児健診では、尿検査を行わなければいけません。
でも、どのように尿検査の尿を採取したらいいのか分かりませんよね。

そこで、今回は3歳児健診の尿検査を採取するコツについて紹介します。

オムツが取れている子供の採尿について

3歳児健診のときは、尿検査のために採尿をしないといけません。
また、3歳になっているとオムツが取れている子供もいます。
3歳児健診の尿検査で採尿の仕方する方法は、いろいろあります。

・紙コップを使う

…オムツが取れているとおしっこの出る感覚が分かります。
おしっこが出るときを教えてもらって、親が紙コップでおしっこを受けましょう
手が汚れても大丈夫なように手袋をしておくと、安心ですよ。

・おまるにビニール袋を敷く

…いつもはトイレでおしっこしていても、きちんとおしっこが取れるか不安です。
そんなときは、子供に「おしっこの検査があるからおまるでしようか」と声掛けをしましょう。
おまるには、ビニール袋を広げておきます。

ビニール袋の口は、大きく開けている方が安心ですよ。
おまるでは、特に抵抗を感じないでしてくれます。
でも、心配なときは事前におまるでもおしっこをしてみましょう。

オムツが取れていない子供の採尿について

3歳でも、まだオムツが取れていない子もいます。
オムツが取れていない子供の尿検査の採尿はとても悩んでしまいますよね。

・専用の採尿袋を使う

…市販などでも販売されている子供用の採尿袋があります。
3歳児健診の夜寝る前に、採尿袋をおまたに貼りましょう。
袋にテープが付いているので、簡単に貼ることが出来ます。

でも、テープが不快で、嫌がる子供もいます。
当日にそうならないように、事前に1度行ってみましょう。
親も手技が分かるので、安心して尿検査の採尿が出来ますよ。

・オムツにコットンを入れる

…3歳児健診の夜寝る前に、4〜5枚のコットンをオムツの中に入れておきましょう。
朝、おしっこで濡れていると思うので、それを絞って尿検査の採取をします。
とても簡単に行うことができるので、おすすめです。

コットンであると、繊維が尿に混じることもほとんどありません。
でも、ティッシュで行うと、モロモロしたのが一緒に入ってしまうので、あまりおすすめ出来ません。

まとめ

3歳児健診では、尿検査があるので、親はどの方法でしたらいいのか悩んでしまいます。
オムツが外れているのと、外れていないのではやり方が異なってきます。
子供の成長に合わせて、やり方を変えてみて下さいね。

3歳児健診で初めて行うと、失敗してしまったらどうしようか不安ですよね。
やり方が決まったら、事前に行ってみるのが良いですよ。
親も自信が付いて、安心して3歳健診の尿検査を行うことが出来ます。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!