今の時代、子供には早い時期から英語を習得させようと考えている親は多くいます。
幼稚園児が英検を受けることも、少なくありません。
でも、幼稚園で英検を受けるコツがあるのか疑問に感じますよね。

そこで、今回は幼稚園で英検を受けるコツについて紹介します。

子供の特徴を知ることが大切

幼稚園児が英検を受けるには、少し早く感じてしまう親も多くいます。
どのように教育をしたらいいのか悩んでしまいますよね。
でも、子供の特徴をしっかり知ることが大切になってきます。

子供はとても集中力が短いです。
また、楽しいと感じないと取り組でくれません。
その為、ゲーム感覚で、遊びを取り入れながら英語を習得してもらうことが大切です。

子供の覚える能力は、大人のようにすぐに覚えることは出来ません。
大人がきちんと、そのことを理解しておきましょう。
すぐに覚えるけれども、すぐに忘れてしまうのが特徴です。

その為、子供が楽しみながら身に付けることが大切です。
きちんと子供に合った英語の取り組み方を行ってあげて下さいね。

英語教室選びが大切

幼稚園で、英検を受けさせようと考えているのであれば、英語教室の選び方が大切になってきます。
英語教室は、たくさんありますよね。
その中でも、英検に力を入れている英語教室はたくさんあります。

英語教室に通っているからと言って、幼稚園で英検に必ず受かると言ったことではないです。
幼稚園で英検を受けさせたいのであれば、英検対策に力を入れている英語教室に通わせてみましょう。

もしくは、朝の10分などを利用して、毎日自宅で英検対策の問題を習慣化してしまうことです。
でも、子供に無理をさせてしまうと、英語が嫌いになってしまうこともあるので、注意して下さいね。

楽しく英語を学べて、幼稚園で英検を受けることが望ましいですね。
良い英語教室がみつかると、いいですね。
でも、子供によって習得の速さは異なってくるので、他の子と比べたりしないようにしてあげて下さい。

マークシートの練習を

子供にとっては、英語を読むよりもマークシートへの記入が1つの壁です。

英検直前になったら、鉛筆でマークシートを塗り潰せるように練習しておきましょう。

意外に問題をとくことに関しては、スムーズにいきます。

まとめ

幼稚園でも、英検を受けることは可能です。
でも、子供の特徴をしっかり把握することは大切になってきます。

楽しみながら英語を習得すると、素早く習得することが出来ますよ。
子供の年齢に合わせた英語の取り組み方が、素早い習得の近道であると思います。

また、英検に力を入れている英語教室を探しましょう。
幼稚園でも、英語教室がきちんとしていれば、受かることが出来ます。
幼稚園で英検を受けさせたいのであれば、教室選びも大切になることを知っておきましょう。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!