今では、中学受験を行う子供も多くなってきます。
だが、共働きであると、自宅できちんと勉強をみることが出来ないのではないか?と疑問に感じます。
中学受験には、塾や家庭教師は必ず必要であるのかも気になります。

そこで、今回は共働きで中学受験は無謀?塾・家庭教師は必須?について紹介します。

共働きで中学受験は無謀?

共働きであると、子供の勉強や塾の送り迎えを行うことが難しくなってきますよね。
そのため、共働きであると、中学受験は無謀ではないのか?と感じます。
今では、共働きの家庭でも、中学受験を行っている子供は多くいます。

共働きであると、自宅で子供の勉強をみることが出来ないと思います。
でも、小学生の高学年であれば、子供自身でしっかり勉強してくれます。
親が何度も「勉強しなさい」と言わないと勉強を行わない子には、中学受験は向いていないのかもしれません。

中学受験を行うと決めるのは、親子で決めなければいけません。
子供にきちんとやる気があるのか確かめましょう。

中学受験をさせよとうきまたら、塾に通わせる親は多くいます。
だが、塾の送り迎えが出来なくて、共働きには不向きではないのかな?と感じます。
今の塾には、自宅の身寄り駅まで バスの送迎があるので、利用してみましょう。

初めは心配かもしれませんが、子供はしっかりしています。
共働きでも、中学受験を行うことは無謀とは言えません。
中学受験を行おうとしている家庭は、是非頑張って下さいね。

中学受験に塾・家庭教師は必須?

中学受験を行うには、塾や家は必要と言われています。
中学受験は、小学校で勉強している内容と大きくかき離れています。
その為、小学校の授業で教えてもらわない内容を勉強しなければいかないので、塾などが必要です。

塾は、授業になっているので、授業についていくことが出来ない子供も出てきます。
その子供には、家庭教師が合っています。
家庭教師であると、ワンツーマンであるので、分からないところもきちんと教えてもらえます。

子供に合ったやり方を見つけてあげるのも、親の役割であると感じます。
塾を選ぶときは、受験に力を入れている塾がおすすめです。
いろいろ話を聞いて、良い塾や家庭教師を見つけてあげて下さいね。

まとめ

中学受験は、子供のやる気がとても大切になってきます。
共働きであっても、子供が中学受験したい!と思っているのであれば十分可能です。

だが、中学受験は、小学校だけの学習では乗り切ることが出来ないのが事実です。
中には、通信教材のみで中学受験に合格したという子もいるかもしれませんが、塾か家庭教師は必須になってきます。
どちらを選ぶかは、子供と相談してみて下さいね。

子供の性格や学習能力によっても異なってきます。
1度決めたら、あきらめないで親子で頑張って下さいね。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!