子供がスイミングに興味を持ち始めたら、親は応援しますよね。
スイミング選手コースに選べる基準はどのような基準なのか気になります。
また、どのくらいの費用がかかるのかも気になります。

そこで、今回はスイミングコースに選ばれる基準と費用は?について紹介します。

スイミング選手コースに選ばれる基準は?

子供をスイミング選手に育てたいと感じる親は多くいます。
でも、スイミング選手コースに選ばれる基準は、どのようなのか気になりますよね。
スイミングスクールによっても異なってきますが、だいたいの基準はあります。

スイミングスクールのコーチが生徒の泳ぎを見て、判断される場合が多いです。
生徒の才能を見て、今後成長するのかを判断されます。
見込みのある生徒は、スイミングの選手コースに選ばれます。

小学校5年生の50Mであれば、32秒です。
中学校1年生の50Mは、30秒以内です。

このように、一応選手コースに選ばれる基準があります。
だが、今後伸びそうな生徒も、含まれます。

スイミング選手コースの費用

スイミング選手コースに選ばれたら、とても嬉しいですよね。
でも、親であれば費用について、少し気になります。
スイミング選手コースにかかる費用は、月謝費や合宿費や大会費が必要になってきます。

また、水着なども必要になってくるので、その費用も掛かってきます。
だいたいの費用について、説明します。

月謝費は、スイミングスクールによって異なってきます。
週6回で、1回2時間の場合は、1万500円程度です。
週5回の場合は、8千500円程度です。

回数や時間や教室によって、月謝費は異なるのできちんと確認を行いましょう。
朝練がある場合もある場合は、費用も少し掛かってきます。

だが、インターハイに出れば、月謝が半額になる教室もあります。
大きな大会の決勝に出たりすると、月謝が無料になる教室もあるので、そこも確認ポイントです。

スイミング選手コースは、毎月の月謝費以外に、合宿もあるので、それも別にかかってきます。
合宿は、春・夏・冬の3回行われることがあります。
1回の合宿は、5日〜7日間であり、合宿費は4〜5万円が必要です。

まとめ

スイミング選手コースに入ることで、普通のスイミングスクールより多くの費用がかかることを知っておきましょう。
スイミングは、継続することから、身に付くことが出来る競技です。
選手コースでの費用も、継続することが出来ると判断した場合のみ、スイミング選手コースを選択しましょう。

でも、才能を大会などで発揮することで、費用を抑えることが出来ます。
その点は、大きいので、事前に確認しておくと良いですよ。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!