子供が筆記用具に興味を持ち始め、殴り書きから徐々に丸や四角などの形あるものを描けるようになってきた頃、いつからちゃんとしたひらがなを教えるべきかと考える親御さんも多いのではないでしょうか。

幼稚園入園を来年に控えている私の娘はひらがなに興味があるのか、毎日のようにひらがなを見ては「これは何?」と聞いてきます。
興味を持ち始めたときが始めどきと思い、なぞり書きを含めた文字の練習をいろいろと娘と一緒に取り組もうとはしているのですが、まだまだ正しい鉛筆の持ち方もままならないので、なかなかの苦戦具合です。

そこで今回は、ひらがなのなぞり書きを教えるコツについて少しお話しさせて頂きます。

ひらがなのなぞり書きはいつから

ひらがなは小学校に上がれば授業で教えてもらえるもの。確かにそうなのですが、実際はおさらい程度で、ひらがなの読み書きはある程度できることが前提で授業は進められていくことが多いようです。そんな中、出遅れて辛い思いをするのは誰でもない子供自身です。完璧とまではいかなくても、授業についていけるだけのひらがなの読み書き力を小学校入学前には身につけさえてあげたいものです。

では、いつ頃から教えるのがいいのでしょうか。幼稚園への入園をきっかけにひらがなの練習を始めることも多いようですが、私の娘のように興味を持ち始めた時が一番のタイミングです。最初はひらがなと言えないようなミミズ文字でも、ママやパパが一緒に取り組んで遊び感覚でなぞり書きを教えてあげれば、書く楽しみを覚えて自然とひらがなを学んでくれることでしょう。

なぞり書きの練習方法は?

幼児教室などの習い事によってなぞり書きを練習させている親御さんもいらっしゃるようですが、自宅でひらがなのなぞり書きのドリルなどを使ってママが教えているということが実際は多いようです。我が家でも、100円ショップで購入したひらがなのなぞり書きができるドリルを利用して、娘と遊びながらなぞり書きを練習しています。
練習をしているという感覚は娘にはないようですが、私が褒めると「できるでしょ」と自慢げにひたすらひらがなをなぞっています。

わざわざ購入しなくとも、ネットで無料でダウンロートできるなぞり書きのドリルもありますので、そちらも是非お薦めです。
自分でちゃんと教えられるか自身がない、教えるならしっかりとという方には幼児向けの通信講座も多くあるので、チェックしてみてはいかがでしょうか。

教え方としては、いきなりひらがなに挑戦させるのではなく、丸や三角、四角などの基本形を書く練習をさせ、その後にドリルなどを使ってなぞり書きをさせたほうがいいでしょう。
既製品のドリルではなく、ママが子供の好きなキャラクター名を書いてその上をなぞらせるというのも、子供にとっては嬉しい練習方法かもしれません。

無理せず子供のペースで

親としては小学校入学前には書けるようにと焦ってしまうところですが、子供は気紛れなものです。焦る気持ちから子供に無理をさせてしまい、ひらながのなぞり書き練習が楽しいものではなくなってしまうと、子供はすぐにやめてしまうでしょう。
遊び半分で構いません。あまり神経質にならず、名前を書けるようにすることを目標に考える程度で、子供に寄り添いながらコツコツと練習していきましょう。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!