幼児から公文国語をすると、良いと耳にしたことがあります。
でも、実際に本当に公文国語をさせると良いのか疑問に感じますよね。
そこで、今回は幼児から公文国語をするとよいって本当?について紹介します。

幼児から公文国語をするのは良いの?

幼児から公文国語をさせるのは、本当に良いのか疑問に感じますよね。
幼児期は、何事にも興味を持つ時期です。
その為、幼児は公文国語を含め何事にも楽しく取り組むことが出来ます。

その時期に学習することで、苦手意識を持たないで学習に取り組むことが出来ます。
また、遊び感覚で行うことが必要になってきます。

先取りが基本ですので、小学校の内容を楽に理解させたいと思っている親御さんにはぴったりです。

ただ、幼児から公文国語を行うのは、少し難しいと感じてしまうこともありますよね。
でも、幼児期に社会性を身に付ける為にも良いかもしれないですよ。
違う面でも、子供の成長に大きく関わってくることがあります。

公文教室はどんな教室なの?

幼児から公文国語を習わせたいけれども、どのような教室であるのか疑問に感じますよね。
公文教室は、経験豊富な先生がたくさんいるので、安心して習わせることが出来ます。

子供の出来ることろを見つけて、しっかり褒めてくれます。
また、しっかり褒めてくれるので、子供の自信にも繋がります。

集団で行う教室であるので、集中出来る教室です。
細かい部分まで配慮されている教材であるので、子供も取り組みやすくなっています。
子供のレベルに合っているので、飽きたりすることなく進めることが出来ます。

特に、幼児がたくさん習っているくもんの教室を選ぶといいですよ。

1人1人の子供の特徴を把握して、対応してくれるので、子供も学習に取り組みやすくなっています。
公文は、子供と親にとっても、とても良い教室ですよ。

親が教えるのと何が違うの?

公文国語は、親が教えるのと何が違うのか気になりますよね。
公文国語で読み・書きの力をきちんと育ててくれます。
幼児にあった教材で、幼児が取り組むことが出来るように進めてくれます。

自宅では、我が子しか見ていないので少し出来ないと怒ってしまったりしてしまいますよね。
それでは、子供のやる気を損ねてしまいます。
公文では、それぞれの子供の特徴を把握して対応してくれるので、子供も楽しむことが出来るのです。

自宅でも、学習に取り組むことが出来るよに、取り組み方を教えてくれますよ。
公文の先生に子供の個性を見つけてもらうことも出来るので、おすすめです。
子供の成長にも、とても良い教室であるので、1度体験に参加してみても良いと思います。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!