最近では、アクティブラーニング授業と言う言葉をよく耳にしますよね。
でも、アクティブラーニングって何?と感じる方は多くいます。
活動と勘違いしている方も、多くいるのが事実です。

そこで、今回はアクティブラーニング授業って何?メリット・デメリットについて紹介します。

アクティブラーニング授業って何?

アクティブラーニング授業とは、どのような授業なのか実際に理解していない人は多くないですよね。
今までの授業は、受け身で授業を受けています。
アクティブラーニング授業は、受け身ではなく、主体的に授業を受けることです。

その中で、それぞれの知識を使って、新たな発見をすることが出来ます。
いろいろ意見を出して、解決していくことを大切にしています。
それを実際にやってみるのが、アクティブラーニング授業の目的です。

思考を活性化することが出来ます。
その中で、創造する力を育てることが出来ます。

アクティブラーニング授業のメリット

アクティブラーニング授業とはどのようなものなのか分かっても、実際にどのようなメリットがあるのか疑問に感じます。
アクティブラーニング授業は、たくさんのメリットがあります。

今まであまり使うことがなかった問題解決能力を身に付けられますよ。
また、判断能力も実際に身に付けることが出来ます。
今までと違った考え方などを行うことが出来ますよ。

それぞれの人が持っている専門知識がありますよね。
その知識を活用して、問題解決能力を育成することが出来ます。
とても良い能力を身に着けrうことが出来るのです。

アクティブラーニング授業のデメリット

アクティブラーニング授業にも、デメリットはあります。
アクティブラーニング授業を取り入れることで、他の授業の時間が減ってしまいます。
その為、家庭学習の時間が増えてしまうことがあります。

その分、教師の負担も増えているのは事実です。
これといった答えがないので、時間が足りないのが事実です。
授業の中でも、議論の時間が掛かりすぎるので、内容をしっかりと定めとなければいけません。

まだアクティブラーニング授業が定着していないので、デメリットはたくさんあります。
それを改善していくことも必要になってきます。

まとめ

アクティブラーニング授業とは、それぞれの知識を出し合って、問題を解決させていくことが大切です。
その中で、メリットもたくさんありますが、デメリットもあります。
それぞれの特徴を活かして、身に付けていくことが必要です。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!