英語教材で、ORTとCTP絵本どちらが英語多読におすすめなのか気になりますよね。
また、ORTとCTP絵本は、どのような違いがあるのか疑問に感じます。
実際に、どのような違いがあるのか分からない方は多くいます。

そこで、今回はORTとCTP絵本 英語多読におすすめはどっち?について紹介します。

ORTの絵本の特徴>

ORTの絵本は、とても子供の興味を引く内容が多いです。
そのため、子供も楽しみながら絵本を読むことが出来ます。
子供のときは、楽しみながら英語を身に付けることが大切です。

絵本も、ステージに分かれているので、子供の能力に合わせた英語を学ぶことが出来ます。
その為、子供も内容が合っているので、理解することが出来ます。

ORTの絵本は、レベルに合わせて購入することが出来るので、子供も自然と取り組むことが出来ます。
子供に合った絵本を与えられるので、おすすめです。
絵本の内容も、子供が楽しむことが出来る内容ですよ。

CTPの絵本の特徴

CTP絵本は、ORTに比べて内容があまり興味を引くものがないと言われることがあります。
CTP絵本とは、ノンアクションであるので、面白くないと感じてしまうのかもしれません。
また、レべル分けが大まかなので、子供に合わせるのが難しい部分もあります。

CTP絵本は、ORT絵本に比べて、語彙が多くあります。
その為、CTP絵本では語彙の勉強にはとても良いですよ。
たくさんの語彙が出てくるので、子供が少し難しいと感じてしまうかもしれません。

CTP絵本でしか学ぶことが出来ない内容もたくさんあります。
でも、子供が難しく感じてしまって、楽しむことが出来ないことも事実です。

英語多読にはどちらがおすすめ?

英語教材にも、それぞれの特徴があるのでどれが良いのか悩んでしまいます。
ORT絵本は、子供が楽しことが出来る内容となっています。
また、レベルに合わせることが出来るので、子供に合わせた教材を提供することが出来ます。

CTP絵本は、ステージの分かれ方が大まかであるので、子供に合わせた教材を提供することが少し難しくなってきます。
でも、語彙をたくさん学ぶことが出来るので、語彙を習得させたいのであれば、CTP絵本がおすすめです。

英語多読には、内容を楽しむことが出来るORT絵本がおすすめです。
それぞれの特徴を把握して、ORT絵本かCTP絵本か選んでくださいね。
子供に合わせた英語教材を選んであげて下さい。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!