今では公文算数をしている子供は、多くいます。
でも、公文算数だけでは不十分であると言ったことを耳にしたことがある方も多いのではないですか?
公文算数には、メリットとデメリットがあります。

そこで、今回は公文算数はよくない?メリットデメリットについて紹介します。

公文算数のメリット

公文算数には、とても特徴があります。
問題を早く解くことに力を入れており、たくさんの問題を解きます。
解く問題のパターンを覚えて、数をこなしていきます。

基礎から自分のペースで学力を高めることが出来ます。
苦手な分野に関しては、徹底して公文算数を行うことが出来ます。
公文算数は、基礎から積み上げるので、とても算数の力が付きます。

公文算数を行うことで、計算するのが早くなるので子供は自信付くのが大きなメリットです。
公文算数は、計算する力が付くのが特徴です。

公文算数のデメリット

公文算数には、デメリットもあります。
公文算数の特徴は、解き方を覚えて問題演習を解いていき、徹底反復のトレーニングをします。
この学習を続けていると、応用に対応することが出来なくて、算数が伸び悩んでしまいます。

変化に対応することが出来ないのが、事実です。
また、受動的な学習の為、自宅で学習するときに何をしたら良いのか分からなくなります。
分からないところが出てくると、問題可決することが出来ないことがあります。

公文算数のデメリットは、自分で考えて行動する力が抜けてしますことです。
計算は早くなるけれども、応用に対応することが出来ないのは事実です。

まとめ

公文算数は、計算の特徴をとらえて、公式を覚えて解いていくのが、大きなメリットです。
その為、同じ公式で解くことが出来る問題には、素早く対応することが出来ます。
たくさんの計算をして、早く解くことが大きなメリットとも言えます。

早く計算することが出来るのは、子供の自信にもなります。
公文算数の大きなメリットとも言えます。

公文算数にメリットもあれば、デメリットもあります。
素早く解くことが出来ても、応用に対応することが出来ません。
メリットばかりに目が行ってしまいますが、デメリットもしっかり把握しておきましょう。

メリットもデメリットも踏まえて、公文算数を習わすか考えましょう。
高学年になるころに、塾に変更させる親も多くいますよ。
公文算数のメリットのみを活かすのも、1つの方法です。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!