今では、子供に空手か合気道を習わせたいと感じている親は多くいますよね。
でも、実際に空手と合気道はどのように違うのか気になります。
子供に習わすのであれば、どちらが良いのか悩みますよね。

そこで、今回は空手と合気道の比較 習わすならどっち?について紹介します。

空手の特徴

空手とは、どのようなものであるのか気になりますよね。
空手は、打撃中心の式術です。
少し刺激が強いように感じてしまうこともあります。

実際に、突きや蹴りで相手を倒します。
空手は、自分の体を使って相手を倒すことが目的となっています。

身体を鍛えたいと感じているときには、空手がおすすめです。
空手は、身体を鍛えることが出来るので、男の子には良いですよ。
女の子でも空手をしていうる子は多くいるので、女の子にもおすすめです。

合気道の特徴

合気道とは、どのような競技であるのが疑問に感じてしまいますよね。
合気道は、相手の技を見切ってその力を利用します。
相手を投げたり、関節をひねったりして、動けなくするような技が中心になってきています。

空手のような打撃技は、ほとんどないです。
力学的な面を学ぶには、合気道がとても良いですよ。

武道をしていると、ケガが気になりますよね。
合気道は、ケガのリスクが低いので、子供に習わすにも安心することが出来ます。
ケガも面も考えて選ぶことも、1つの方法となります。

子供に習わすには空手か合気道どちらが良い?

空手と合気道の特徴を知ることが出来ると安心しますよね。
でも、子供に習わすのであればどちらを習わしたら良いのか疑問に感じます。
どのような基準で決めたら良いのかも、悩んでしまいます。

子供に体をしっかりと鍛えて欲しいと感じるのであれば、空手がおすすめです。
男の子のは、おすすめとも言えます。
しっかりと体を鍛えたいと考えているのであれば、空手を習わせてあげて下さいね。

空手に比べて、合気道はきつくありません。
力学的な面を鍛えたいと感じているのであれば、合気道がおすすめです。
強い身体や忍耐力を鍛えるには、向いているとは言えません。

子供に、どのようなことを鍛えてもらいたいのかで、決めたら良いと思います。
その方が、子供も目標を持って習うことが出来ますよ。

子供にどちらが向いているのか、極めて下さいね。
きっと、子供も楽しみながら武道を楽しむことが出来ます。
親が子供の目標を極めて、良い選択を行ってあげて下さいね。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!