ディズニー英語システムの教材を利用している家庭は、多くいますよね。
今では、小学生で英語を習うようになり、子供に早い時期から英語を習わしたいと考えます。
でも、ディズニー英語システムには、どのくらいの費用が掛かるのか気になります。

そこで、今回はディズニー英語システムにかかる費用は総額いくら?について紹介します。

ディズニー英語システムの教材費用について

ディズニー英語システムには、教材を購入しなければいけません。
ディズニー英語システム教材が高額であると、耳にしたことがある方は多いのではないですか?
初めてディズニー英語システム教材の費用を聞くと、ほとんどの方が驚いてしまいます。

ワールドファミリーパッケージは、全ての教材が含まれています。
一般価格で、838000円です。
この値段だけを聞くと、手が出せないと感じてしまいますよね。

でも、必要に感じた教材だけを購入して、後で買い足すことも可能です。
子供が続けてくれるか不安に感じている親には、買い足す方をおすすめします。

ミッキーパッケージ+GAQはレッツプレイセットが含まれていません。
費用は、781000円で少し安くなります。

ミッキーパッケージ+GQは、レッツプレイセットとペンが含まれていません。
費用は、730000円です。

ミッキーパッケージ+GAは、レッツプレイセットとQ&Aが含まれていません。
費用は、727000円です。

ミッキーパッケージ+Gは、レッツプレイセットとペンとQ&Aが含まれていません。
費用は、676000円です。

ミッキーパッケージは、ペン2本とレッツプレイセットとQ&Aが含めれていなくて、597000円です。
ミニーパッケージは、ミッキーパッケージのCDが含まれていまくて、418000円です。
ドナルドパッケージは、ミニーパッケージのDVDが含まれていなくて、331000円です。

グーフィーパッケージは、ミニーパッケージのトークアロングが付いていなくて、254000円です。
プルートパッケージは、グーフィーパッケージのDVDが付いていなくて、159000円です。

教材によって、費用は大きく変わってきます。
全て揃えると、高額になりますが、必要と感じる教材のみだと数十万で購入することが出来ます。

ディズニー英語システムの会費

ディズニー英語システムを購入すると、毎月会費を払って、ディズニー英語システムのイベントなどに参加することが出来ます。
マタニティー会費は、子供が産まれるまで無料。
ベビー会費は、1番上の子が19か月まで1296円。

正会員は、3348円です。
毎月掛かってくるお金ではありますが、いろいろなイベントに参加でます。

ディズニー英語システムのイベント費用

ディズニー英語システムには、たくさんのイベントがあります。
イベントにも、費用は掛かってきます。

週末イベントであると、大人1570円(2人目以降790円)
子供1040円(2人目以降520円)

国内宿泊イベントは、大人27000円、子供11000円。
ディズニー英語システムの費用は、教材費だけではなく、会費やイベントにも費用は発生します。
でも、その分英語を身近で感じることがで出来るので、子供には良い環境であると思います。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!