今では、子供に通信教材で学習をさせたいと考え親は多くいます。
Z会と四谷大塚の通信教育では、どちらが良いのか気になりますよね。
また、Z会と四谷大塚ではどのような違いがあるのかが知りたいです。

そこで、今回はZ会と四谷大塚の通信教育の比較 どちらがおすすめ?について紹介します。

Z会の良い点と悪い点について

Z会の通信教材は、とても魅力的です。
Z会には、良い点と悪い点がありますよ。

良い点…算数のレベルが高くて、進度が早いので途中で塾に通ってもスムーズに入ることが出来る。
毎月教材が届くので、学習ペースがつかみやすい。
5年生の段階で、難関校と上位校の教材に別れているので、レベルに合わせることが出来る。

悪い点…問題数が少し少ない。
テキストの内容が、バラバラで分かりにくい部分がある。
中学受験コースは、3年からで月11414円と高額になる。

Z会の良い点と悪い点をしっかり把握しておくことが必要です。
子供にどの点が必要かで、見極めることが出来ます。

四谷大塚の良い点と悪い点について

四谷大塚にも、良い点と悪い点があります。
始める前に、把握しておくことが必要ですよね。

良い点…問題量が多くて、毎週テストがあるので、学力を把握することが出来る。
テキストがまとまっているので、分かりやすい。
上位から中位校を狙うのみ適している。

悪い点…算数のレベルが高くない。
国語の読解力の問題のレベルが低い。
四谷大塚のカリキュアム終了は、Z会より遅い。

四谷大塚の通信教材を検討しているのであれば、良い点と悪い点を把握しておきましょう。
良い通信教材を選ぶことが出来ますよ。

Z会と四谷大塚どちらがおすすめ?

Z会と四谷大塚の良い点と悪い点を知ることが出来たら、どちらが良いのか決めやすいですよね。
大まかに、Z会の方がレベルが高いと考えたら良いと思います。
難関校をめざしているのであれば、Z会がおすすめです。

だが、3年で受験コースに分かれるので、3年までは四谷大塚をしている家庭も多くあります。
初めは、分かりやすいと言われている四谷大塚の通信教材が良いですよ。

四谷大塚は、教材も分かりやすいと言われています。
週末にテストがあるので、毎回実力を確かめることがで出来るので、基礎から学びたい方には、四谷大塚がおすすめです。

子供のレベルやめざす学校によって、通信教材を決めてみても良いと思います。
通信教材は、合わないと感じたら容易にやめることが出来るので、難しく考えなくて良いですよ。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!