正しい鉛筆の持ち方は、どのように教えたら良いのか悩みますよね。
小さい時期から、正しい鉛筆の持ち方を教えることはとても大切になってきます。
もし、鉛筆の持ち方が正しくない場合は、どのように矯正したら良いのか悩みます。

そこで、今回は鉛筆の持ち方がおかしい場合、どう矯正したらいい?について紹介します。

正しい鉛筆の持ち方について

子供がペンを持ち始めたりしたら、早い時期から正しい鉛筆の持ち方を教えてあげたいですよね。
遊びの延長で、鉛筆の持ち方を教えてあげるのがおすすめです。
また、小さいときに正しい鉛筆の持ち方を教えてあげることで、変な癖がつかなくて良いです。

1、鉛筆の持ち方を教えるときは、三角鉛筆がおすすめです。
親指と人差し指をそれぞれ三角面に合わせるようにします。
2、次に中指は軽く添えるように置きます。

3、小指は紙の上に軽くつくようにします。
4、だいたい60度くらいの角度にしてあげて下さいね。

始めから正しい鉛筆の持ち方を教えてあげると、子供も自然と習得することが出来ます。
小さいときから、正しい鉛筆の持ち方を教えてあげて下さいね。

鉛筆の持ち方の矯正について

子供の鉛筆の持ち方が正しくないと、きちんと矯正してあげなければいけません。
そのまま鉛筆を持ち続けると、正しくない持ち方を習得してしまいます。
その為、きちんと矯正を行ってあげて下さいね。

矯正の仕方は、いろいろあります。
1、洗濯ばさみを使用…V字の間に人差し指を通して、握る練習を行ってみて下さい。
きちんと握ることが出来たら、鉛筆を握らせてみて下さい。

きちんと矯正を行うことが出来ます。
子供も、遊び感覚で行うことがで出来るので、おすすめです。

2、もちかたくんを使用…えんぴつの持ち方を矯正するのは、器具を使うのもおすすめです。
もちかたくんを使用して、正しい持ち方を習得することが出たら、鉛筆を実際に持たせてあげて下さいね。
正しい鉛筆の持ち方を習得することが出来ますよ。

まとめ

子供が鉛筆を持ち始めた時期から、正しい鉛筆の持ち方を教えてあげることがおすすめです。
遊び感覚で教えてあげると、子供は抵抗なく正しい鉛筆の持ち方を習得するとこが出来ます。
始めから正しい鉛筆の持ち方を習得するのは難しいので、ゆっくり子供のペースで教えてあげて下さい。

また、正しくない鉛筆の持ち方を習得してしまっているときは、きちんと矯正しなければいけません。
矯正を行うには、器具などを使うのもおすすめです。
器具を使うことで、簡単に矯正できて、正しい持ち方を習得できます。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!