子供が時計の読み方に、興味を持ち始めることがありますよね。
でも、針が2本あるので、時計の読み方の教え方は難しいです。
時計の読み方や教え方に役立つ本があると、とても助かりますよね。

そこで、今回は時計の読み方の教え方のコツとおすすめの本について紹介します。

時計の読み方のコツ

子供に時計の読み方を教えるのは、難しいですよね。
どのような教え方をしたら良いのか、親はとても悩んでしまいます。
時計の読み方のコツは、簡単に考えてみて下さいね。

1.基本を覚えよう…時計には、針が2本あります。
時計の針が、時と分を表示していることを子供に説明を行いましょう。
子供が、時と分に理解が出来るようになったら、時計を教える時期です。

2.おおまかな時間は短針で教える…始めに短針で時計の時間を教えてあげて下さいね。
3時になったら、おやつの時間などで教えてあげると子供は分かりうやすいです。
楽しみを持ちながら待つことがで出来るので、おすすめです。

3、長針を教えて教えてあげる…長針を教えるときは、アナログ時計があると便利です。
分刻みに、0から59までの数字を記入してあげて下さい。
そうすうと、子供も長針を読めるようになります。

時計の読み方教えるのは、簡単な方法から行ってあげて下さいね。
その方が、子供も理解がしやすいです。

時計の教え方のコツおすすめの時計の本について

時計に興味を持ったら、本を用いて教えてあげるのも1つの方法です。
・とけいのほん㈰…何時と何時何分の時計の読み方が分かる本です。
・とけいのほん㈪…何時何分の時計の読み方が分かる本です。

・はとのクルックのとけいえほん…公文でも使われている本です。
本には、時計が挿入されているので、子供に教えながら時計の針を動かすことが出来ます。
1〜59までの数字が記入されているので、1分刻みで時計が読めるようになります。

また、本の物語で時間を聞いてくるので、子供も楽しみなが時間を学ぶことが出来ます。
遊びながら、時計が読めるようになる絵本で、とても好評です。

時計の読み方の教え方は、簡単に考えてみて下さいね。
教え方は遊び感覚でしてみると、子供も自然と時計が読めるようになります。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!