子供が成長してくると、歯が少しずつ生えてきますよね。
でも、自分で歯っを磨けるようになったら、いつまで仕上げ磨きをしないといけないのか気になりますよね。
子供も仕上げ磨きは、いつまでしてあげるのが正しいのか分からない親は多くいます。

そこで、今回は仕上げ磨きはいつまでやるべき?虫歯予防の方法について紹介します。

仕上げ磨きはいつまでやるべき?

子供の仕上げ磨きはいつまでやるべきか、悩んでしまいますよね。
いつまでも親が仕上げ磨きっをするのではなく、子供が自分で歯磨きが出来るようになったら、任せたくなります。

いつまでかは、だいたい6歳くらいと言われています。
臼歯が完全に生え始めるまでは、仕上げ磨きをしてあげなければいけません。

なぜなら子供が1人で磨けるようになっても、実はきちんと磨けていないからです。
きちんと隅々まで磨いてあげなければ、虫歯になってしまいます。
永久歯はとても虫歯になりやすいので、仕上げ磨きは、臼歯が完全に生えるまでしてあげて下さい。

臼歯が完全に生えたら、歯科から子供に直接指導されます。
いつまで仕上げ磨きをしたら良いのか、悩むと思います。
きちんと臼歯が生えて子供がきちんと磨けるようになるまで行ってあげて下さいね。

虫歯予防の方法?

子供の歯が虫歯にならないように、きちんと予防を行わないといけません。
・歯磨き粉の量は少なく、ゆすぎは少な目…最近の歯磨き粉には多くのフッ素が含まれています。
その為、多くの歯磨き粉を塗って、ゆすぎは少なくしてあげて下さいね。

・寝る前にフッ素洗口…子供の中には、歯磨き粉の味が苦手な子もいます。
そのような子には、フッ素洗口がおすすめです。
寝る前にそのままゆすぐだけで良いので、簡単でおすすめです。

・1日3回の健康な食事…子供の永久歯は、糖によって簡単に溶けて虫歯になります。
その為、1日3回の健康な食事を心掛けて、お菓子やジュースは避けるようにして下さいね。
糖を控えるだけで、虫歯になりにくくなります。

まとめ

いつまで仕上げ磨きをしたら良いのか、多くの親は悩んでしまいます。
仕上げ磨きは、きちんと臼歯が生え揃うまで行ってあげて下さいね。

いつまでも子供ではないので、6歳くらいは仕上げ磨きを嫌がってしまいます。
でも、いつまで仕上げ磨きが必要なのか説明してあげて下さいね「。
また、正しい歯磨きの仕方を、歯科に指導してもらうようにすると良いです。

いつまでも子供には虫歯予防に努めて、虫歯になりにくいようにしてあげて下さい。
虫歯予防は、簡単に行うことが出来るので、きちんと行ってあげて下さいね。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!