料理をしていると、子供が包丁に興味を示してくることがありますよね。
子供用包丁は、いつからが適切であるのか悩んでします。
また、おすすめの子供用包丁はどのようなものか気になります。

そこで、今回は子供用包丁はいつから?おすすめの包丁を紹介します。

子供用包丁はいつから?

親が料理をしていると、子供が「切る」と言うことに興味を示してきます。
何歳から、子供用包丁を使用したら良いのか悩んでしまいますよね。
でも、1歳〜3歳ごろは、おままごとで切る感覚を遊びで取り入れてあげましょう。

台所の近くで一緒にしてあげることで、子供も楽しむことが出来ます。
子供も、包丁で切る楽しさを感じることが出来ますよ。

子供用包丁で実際に食材を切るのは、だいたい3歳くらいが適切です。
始めは、子供も手が切れないように安全性に重視してあげて下さいね。
母親が手を添えてあげて、一緒に使うようにしまよう。

1番始めは、柔らかい食材を切るようにしましょう。
豆腐がとてもおすすめですよ。

包丁の持つ手と食材を持つ手をきちんと教えてあげて下さい。
きちんと正しく包丁を使うことが出来たら、褒めてあげて下さいね。
また、子供が少しずつ慣れることが出来たら、1人で切らしてあげて下さい。

子供も、自信を持つことが出来ます。
自信を持つことで、他のことにも挑戦することが出来るので、たくさん挑戦させてあげて下さいね。

おすすめの子供用包丁

子供が包丁に興味を持ち始めたら、子供用包丁を購入しますよね。
でも、どの子供包丁がおすすめなのか気になります。
子供用包丁のおすすめは、使い始める期間によって異なってきます。

・初期…安全包丁くまのプーさんがおすすめです。
プラスチック製であるので、子供が誤って刃を触ってしまっても手が切れません。
でも、食材を切るときは、力を入れないと切れないです。

・中期…お手入れ簡単セラミックがおすすめです。
刃先をまるくして、ケガがしにくくなっています。
また、軽くて子供が持ちやすいようになっていておすすめです。

・後期…ディズ二ーこども包丁 まな板セットがおすすめです。
ディズ二ーキャラクターであり、まな板とセットになっているので、子供はやる気が出ます。
刃がギザギザとなっているので、少し硬くても切れます。

まとめ

子供が包丁に興味を持ってきたら、子供用包丁を準備してあげて下さいね。
子供用包丁にも、期間で使い分けてあげることが大切です。
きちんと使い分けてあげることで、ケガの危険もなくなります。

子供用包丁にも、期間によっておすすめはたくさんあります。
子供が怪我しないように、きちんとしたおすすめ子供用包丁を使い分けてあげて下さいね。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!