子供がカタカナに興味を持ち始めたら、とても嬉しいですよね。
でも、どのように教え方をしたら良いのか悩んでしまいます。
カタカナの教え方におすすめの本があれば、とても良いですよね。

そこで、今回はカタカナの教え方とおすすめの本について紹介します。

カタカナの教え方について

子供は、ひらがなの読み書きが出来るようになってくると、カタカナに興味を持ち始める子供が多いです。
でも、カタカナはどれも似ているように感じてしまいます。
その為、子供はカタカナの識別が難しくて、途中で嫌になってしまう場合もあります。

カタカナの教え方をしっかり把握していると、子供との関わり方が明確になります。
良い関わり方をしてあげて下さいね。

1、ひらがなの読み書きが出来るようになってきたとき…「ぱ」「ば」「しゃ」なども理解できるようになったら、カタカナも一緒に教えてあげて下さい。
2、子供が大人にカタカナの読み方を聞いてきたとき…子供の名前をカタカナで書いてあげて、教えてあげましょう。

3、カタカナの読む練習から始める…ポスターを使用してみましょう。
ひらがなの隣にカタカナが書いてあるポスターがおすすめです。
4、ゴッコ遊びをする…ハンバーグやハンバーガーなど、カタカナのメニューを作ってみましょう。

5、カタカナを書いてみよう…「ア」から順番に書かなくても良いです。
子供が書きやすいカタカナから書く練習をしてみて下さいね。
6、カタカナの絵本を活用してみましょう…カタカナを読むことで、カタカナを覚えてくれます。

カタカナのおすすめの本について

カタカナに興味を持ち始めたときに、本を読んであげるのがおすすめです。
自然とカタカナを読むことが出来るようになりますよ。
おすすめの本を紹介します。

・くまくんのカタカナ…くまくんとお友達と一緒に生活や遊びを通して、身近な言葉でカタカナを覚えていくことが出来ます。
可愛らしい絵なので、子供も楽しむことが出来ますよ。

・カタカナえほん…この本は、親しみやすくてとても覚えやすいです。
身近に使われているカタカナの言葉が選ばれていうので、子供も親しみやすいです。
書き順もとても分かりやすく表示されていますよ。

・おばけだらけのカタカナえほん…おばけ4人組の悪ふざけが更に進化して、食べ物に隠れたり、乗り物や動物や人間になったりします。
カタカナが読めなくても、視覚的に楽しめるので、子供も自然とカタカナを読めるようになります。

まとめ

子供がカタカナに興味を持ち始めたら、楽しい教え方をしてあげて下さいね。
強制的な教え方であると、子供は嫌がります。
教え方で、一気に興味を引くことが出来るので、良い教え方をしてあげて下さい。

教え方と言うよりは、自然とカタカナを吸収できる環境にしてあげましょう。
子供は、遊びの中でたくさん学ぶことが出来ます。
また、絵本を読むことで、たくさんのカタカナを自然と習得することが出来ます。

教え方にこだわらないで、興味を損ねないようにしてあげて下さいね。
子供も楽しみながらカタカナを覚えることが出来ますよ。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!