子供にピアノを習わしたいと考えている親は、結構います。
でも、ピアノはいつから習わしたら良いのか悩みますよね。
ピアノを習うことで、どのような効果があるのかも気になります。

そこで、今回はピアノはいつから習い始めるのが妥当?について紹介します。

ピアノはいつから習い始めるのが妥当?

ピアノは、いつから習い始めるのが妥当なのか気になりますよね。
だいたいピアノを習う時期は、4歳〜7歳くらいが妥当と言われています。
4歳〜7歳の時期は、聴感覚が最も発達する時期です。

4歳〜7歳になると、ピアノの鍵盤を弾けるようになります。
また、楽譜が読めて、指の名前を理解することが出来ます。
その為、習得が早くて、ピアノの上達が早いですよ。

幼児期からピアノを始めるのも良いですが、集中するのが難しいです。
音感は早い時期から習得していると、いろいろな面で良いと言われています。
ピアノの上達を望むのであれば、4歳〜7歳くらいが妥当だと考えられます。

ピアノによる効果について

ピアノを習うことによって、いろいろな効果があります。
ピアノを弾くことで、視覚・聴覚の刺激と手の働きを同時に行うことで、運動神経が良くなると言われています。
また、ピアノを弾くことで、脳の一連機能が強化されるとも言われています。

その為、学習面にも大きな影響があることが証明されています。
ピアノを行うことで、運動神経や脳に大きな刺激を与えます。
ピアノを習うことで、他の面にも大きな効果がありますよ。

いつから習わすか悩んだ時は、子供の成長過程をしっかり見てあげて下さいね。
ピアノを楽しく弾けるのはいつからか分かると思います。
子供が楽しんでいると、たくさん良い効果が身に付きますよ。

まとめ

ピアノを習う時期は、早い時期であると集中することが難しい場合があります。
いつからが良いのかは、集中をすることが出来る4歳〜7歳がおすすめですよ。
でも、いつからピアノを習うかは、子供と相談してみて下さいね。

また、ピアノの鍵盤もしっかり引くことが出来るので、子供も楽しむことが出来ます。
いつからかは、子供が楽しみながらピアノを習うことが出来るように、妥当な年齢にピアノを習わしてあげて下さいね。

ピアノを行うことで、脳に良い刺激を与えてくれます。
視覚・聴覚を使いながら、手先を動かすことは、脳に良いと言えます。
他の面の発達を考えて、ピアノを習うことは子供にとって良いことです。

いつからかピアノに興味を示すようになれば、、是非習わしてあげてくださいね。
いつから習わすにしても、子供に良い効果が表れると思います。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!