子供が、あやとりに興味を持ち始める時期がありますよね。
親も昔はあやとりをしたけれども、すっかり忘れていることが多いです。
あやとりの本で、おすすめの本があれば嬉しいですよね。

そこで、今回は子供におすすめのあやとり本を紹介します。

おすすめのあやとりの本

子供におすすめのあやとりの本はどのようなのを選んだら良いのか悩みます。
子供が見て、あやとりを習得することが出来る本は多くありますよ。

・たのしいあやとり…子供が覚えたい基礎のあやとりの方法が載っています。
1人あやとりの方法が19種類記載されているので、とてもおすすめです。
また、初めてでも楽しむことが出来る結び目のない特製ひもがついています。

・あやとりしようよ!…写真での説明であるので、分かりやすいのでおすすめです。
2本のひもがついているので、すぐに練習するすることが出来ます。

・あやとり大全集…説明が分かりやすいくて、子供1人でも行うことが出来ます。
初心者から上級者まで楽しむことが出来るので、とてもおすすめです。

初めてあやとりを行う子供でも、楽しむことがで出来る本がたくさんあります。
また、ひもも付いている本もあるので、すぐに取り組むことが出来ます。

あやとりによる効果

子供があやとりを行うことについて、とても良い効果があります。
1つは、集中力が身に付くことです。
指先を使って、何かを作ることで、集中力がつきます。

2つは、記憶力が身に付くことです。
初めは、本を見てあやとりの方法を習得します。
でも、何度も練習することで、あやとりの方法を覚えることで、記憶力を養うことが出来るのでおすすめです。

あやとりを行うことで、集中力と記憶力を身に付けることが出来ます。
また、同時に指先を使うことで、左脳と右脳の両方がバランスよく働くことが出来ます。

あやとりは1人だではなく、2人で行うことも出来ます。
親子であやとりをすることで、コミュニケーションをとることが出来ます。
親子で楽しむことが出来るのは、親子の関係を良くしてくれるので、コミュニケーションを取るのにもおすすめです。

まとめ

あやとりは、いろいろなものを作ることが出来るので、子供にはおすすめの遊びです。
あやとりの方法がたくさん載っている本を選んであげるのがおすすめですよ。
楽しみながらあやとりを習得することが出来ます。

また、あやとりを行うことで、集中力や記憶力が身に付きます。
とても良い効果があると言えます。
また、親子の絆も深めることが出来るので、あやとりは子供に良い影響があるのでおすすめの遊びです。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!