子供が縄跳びが出来るようになったら、二重跳びの練習を行いますよね。
でも、二重跳びの練習は、どのようにしたら良いのか悩んでしまします。
二重跳びの教え方も、難しいですよね。

そこで、今回は二重跳びの練習のコツと教え方について紹介します。

二重跳びの練習のコツについて

二重跳びの練習は、何から行ったら良いのか悩んでしまいます。
でも、二重跳びの練習の前に、縄跳び選びや縄跳びの長さを調整しましょう。

・縄跳びの選び方…二重跳びの練習には、ビニール製の縄跳びがおすすめです。
また、中身がしっかり詰まっているのを選びようにして下さい。
中身が空間の縄跳びは、軽くて二重跳びの練習には向いていません。

・縄跳びの長さ…両足で跳んだときに、グリップが脇の下にくる長さが丁度良い長さです。
だいたい身長+55cmの長さの縄跳びが、跳びやすいです。
 
二重跳びがしやすい縄跳びを選んであげ、子供の身長に合わせた縄跳びの長さに調整することが大切です。
それをきちんと行うと、練習がしやすくなります。
練習も、順序よくするうことで、すぐに二重跳びが習得出来ますよ。

1、30秒続けて前とびが出来るように練習する。
2、ケンケン跳びや駆け足跳びをして、足を動かす練習をする。
3、二重跳びのときは、ジャンプはつま先で行う。

急に二重跳びの練習を行っても、出来ません。
二重跳びに必要な動きをしっかり練習して行きましょう。

二重跳びの教え方について

二重跳びを練習するにあたって、きちんと教えてあげることが大切です。
教え方をしっかり押さえていること、子供も上達が早いですよ。

1、リズム感…跳んだときに、胸の前で2回手を叩くように教えてあげてください。
リズム感を掴むと、二重跳びの感覚を掴むことが出来ますよ。

2、縄跳びを片手に持って二重跳びをする…胸の前で2回手を叩くことが出来たら、次は片手に縄跳びを持ちます。
二重跳びの感覚を掴むことが出来るようにしましょう。

3、実際に行う…リズム感を掴むことが出来たら実際に行ってみましょう。
リズム感を教えることで、上達が早いです。
二重跳びを教えるのは、少し難しく感じますが、コツを掴んだら大丈夫です。

まとめ

二重跳びの練習は、急に始めるのではなく、縄跳びの選び方や長さの調整から始めると良いですよ。
子供に合った縄跳びを選んであげることで、二重跳びを習得しやすくなります。

また、リズム感の大切さをしっかり教えてあげて下さいね。
基礎から固めてあげて、挑戦してみて下さい。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!