幼稚園には。のびのび園とお勉強園があります。
子供には、どちらの園を通わせたら良いのか悩んでしまいますよね。
また、のびのび園とお勉強園のメリットとデメリットについても気になります。

そこで、今回はのびのび園とお勉強園のメリットデメリットについて紹介します。

のびのび園のメリットとデメリットについて

のびのび園は、子供に合わせた園であり、とても過ごしやすいです。
でも、のびのび園のメリットもあればデメリットも実際にあります。

メリット

・月々の費用が安く済む
・制服がシンプルであり、子供も馴染みやすい

・運動会や学芸会は先生が仕切っているので、親の出番は少ない
・子供がのびのびと遊ぶことが出来て、体力が付きやすい

デメリット

・運動会や学芸会にあまり気合が入っていないことがあり、感動が少ないことがある
・学習面での学びが少ないので、就学に向けて習い事をさせなければいけない

のびのび園でのメリットもあれば、実際にデメリットもあります。
メリットとデメリットの両方を理解していることが大切です。

お勉強園のメリットとデメリットについて

お勉強園は、教育がきちんとされており、幼稚園に通いながら身に付けることが出来ます。
とても魅力的でありますが、デメリットもあります。

メリット

・英語・水泳・英語など小学校で必要なカリキュアムがしっかり組まれている
・お勉強園の遊具や設備は整っている

・運動会やお遊戯会のイベントにとても力を入れている
・給食などもアレルギーに対応していたりしてくれている

デメリット

・月々の費用や制服代に、費用が掛かる
・イベントに力が入っているので、親の負担が大きい

・教育熱心な分、ママ友との付き合いが難しい
・学習の力をいれているため、子供の負担が大きい

お勉強園にも、デメリットやメッリトはあります。
両方きちんと理解していることが大切です。

まとめ

子供を幼稚園に通わせたいけれども、のびのび園かお勉強園が良いのか悩みます。
どちらかを決めるのは、子供の成長を踏まえて、決めたら良いです。
その方が、子供も幼稚園に馴染むことが出来ます。

のびのび園とお勉強園それぞれとても良い園です。
両方の特徴をしっかり知って、決めて下さいね。

のびのび園でも、子供の成長に必要な教育などは行ってくれます。
のびのび園で過ごすことで、子供も心のゆとりが出来るのでおすすめです。

勉強園は、子供が何事にも興味を示す場合は、おすすめと言えます。
でも、お勉強園は、親の出番などが多いので、しっかり理解しておいてくださいね。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!