子供が生まれると、保育園か幼稚園に通うことになります。
家庭環境によって、どちらかになるかは異なってきます。
だが、保育園と幼稚園のメリットとデメリットについて知りたいですよね。

そこで、今回は保育園組と幼稚園組のメリットデメリットについて紹介します。

保育園組のメリットとデメリットについて

保育園組は、両親が働いているのが主です。
働く親には、保育園はとても大きな味方でありますが、実際にメリットもあればデメリットもあります。

メリット

・保育園の時間が長時間であるので、子供を長くまで預けることが出来る
・0〜1歳の乳幼児でも、保育園に預けられる

・保育園では、「保育」を行ってくれるので、子供が自立する
・自分で出来ることが多くなり、生活スキルが高くなる

デメリット

・長時間保育園に預けることで、子供と過ごす時間が短くなってしまう
・保育園は、学習する習慣がないので、小学生になったときに学習習慣をつけるのが難しい

・保育園はお昼寝があるので、小学校に上がったときにリズムが掴みにくい
働く親には、保育園はとても良い条件であることが分かります。
だが、子供が小学校に上がるに対してのデメリットが多いです。

幼稚園のメリットとデメリットについて

幼稚園組は、母親が自宅にいることが多いです。
幼稚園に通っていることで、メリットもデメリットも実際にあります。

メリット

・幼稚園は昼過ぎまでであるので、親と過ごす時間が多くある

・幼稚園で、読み書きなどの学習を行う
・英会話や体操などの教育カリキュアムが整っている幼稚園も多い

デメリット

・長時間預けることが出来ないので、母親が働くのは難しい
・早くて3歳からしか、通園することが出来ない

幼稚園は、親との時間を取ることや、学習を身に付けることが出来ます。
だが、働きたいと考えている家庭では少し難しいとも言えます。

まとめ

子供を、保育園か幼稚園どちらに通うか悩んでしまうと思いますが、それぞれにメリットとデメリットがあります。
親が、メリットとデメリットを把握していると、決めやすいです。
でも、母親が働くことを決めている場合は、保育園がおすすめです。

幼稚園でも、延長保育を行ってくれていることもありますが、金額がかかります。
その面も考慮して、どちらに通わすか考えて下さいね。
親がきちんと把握して決めてあげることで、子供も通いやすい環境を整えることが出来ます。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!