子供におもちゃをプレゼントしたときの笑顔は親にとっても喜ばしいものですが、残念ながら絵本をプレゼントしても喜んでくれない子供は少なくないはずです。

外遊びが大好きでじっとしているのが苦手な子、本よりテレビが大好きな子、本そのものに全く興味のない子など、子供は自分が好きなことでないと自ら進んでやってみようなどという気は起りません。それでも親としては、子供に絵本を好きになるようにしてもらいたいものですよね。

そこで今回は、子供が絵本を好きになる方法を少しご紹介したいと思います。

子供が絵本を好きになるには?

絵本にあまり興味のない子に「さあ、本を読みましょう」と親が良かれと買ってきた絵本を読ませても、おそらく子供は見向きもしないでしょう。

たまたまその絵本が子供にとって当たりで、絵本を好きになるきっかけになってくれれば幸運ですが、その確立もなかなかに低いはずです。

まずは絵本を「読む」という感覚を捨ててみましょう。

私の周りの子供たちが実際にそうですが、絵本をあまり読まない子は基本、じっとしているのが苦手な子に多い感じがします。良く言えば活発で走り回って遊ぶのが大好きという子たちです。

そういった子供たちに、じっと一定の場所でひたすら文字や絵を見つめさせるのは至難の技です。そこで、「読む」から「遊ぶ」「調べる」に考えを変えてみましょう。

私の甥っ子ですが、やはり落ち着きのない子で本が嫌いです。しかし、興味のある車や電車の図鑑だけはよく眺めています。「絵本を読む」には遠いですが、絵本を好きになるきっかけには十分なり得ます。娘は幸運なことに絵本が好きで、毎晩枕もとで絵本を読んでいますが、きっかけは大好きなアニメのキャラクター図鑑でした。次にそのアニメのストーリー性のある絵本を好きになり、その後それ以外の絵本も読んでくれるようになりました。

まずは座らせることを目標にしよう

子供が興味のあることに関連している図鑑以外にも、迷路やなぞなぞ本など、とりあえず本の中身より子供を絵本の前に座らせることを最初の目標にするといいでしょう。

そして子供がそれ以外の絵本に興味を示してくれたら、親が読んでもらいたい絵本ではなく、子供が読んでみたいという絵本を一緒に本屋に探しに行きましょう。実際の年齢より小さい子向けの絵本でも、子供が表紙や挿絵が気に入ったのなら、その絵本を買ってあげましょう。それが次のステップです。

絵本を読む間は、子供の好きにさせることがコツ

そして、その絵本を読む際に気をつけて頂きたいのが「子供の好きにさせること」です。親としては最初から最後までストーリーをきちんと把握させながら読みたいものですが、それはまず気にしないようにしましょう。

子供は1ページ読み終える前に次のページをめくりたがったり、読んでいる途中で関係のない話を始めたりしますが、「しっかり聞いて」と言わないようにすることが大事です。

話の内容に関係なく、子供が好きなページを見て、途中で集中力が切れてしまったら、そこで一旦絵本を終わりにしてもいいでしょう。あくまで子供のペースに合わせてあげましょう。無理強いをしては、絵本を好きになるどころが、それが悪影響となってしまいます。

絵本を置いておく場所

絵本を置いておく場所は、子供の目の高さ、子供の手の届く場所にしましょう。絵本を破くから、整理したのにバラバラにするからという理由で子供の見えない場所に絵本を置いているのならば、それは諦めましょう。

子供は絵本を破きますし、落書きもします。私も最初は嫌でしたが、自分で棚から絵本を引っ張り出して自らページをめくっている姿を見た時は、「破れたら直してあげればいい」「落書きなら、いつか思い出になる」くらいに考えるようにしました。

しかし、被害を最小限に抑えたい場合は、最初から表表紙を取っておくという対策をとることもありました。子供には好き放題絵本を触らせてあげるようにしましょう。

絵本は親子で楽しく

何点か子供が絵本を好きになる方法をご紹介いたしましたが、要は絵本を読むことは子供が中心であることが大切です。親主導で親が読ませたい本を買ってきて、親が絵本タイムをつくり、理解してほしいという気持ちで本を読む。これでは子供が絵本を好きになることは難しいでしょう。

大人でも「いい本があるのよ」と、本に興味がない人に本を薦めても読む気にもならないでしょう。ましてや、目まぐるしく興味の移り変わる子供が相手のことですから、一つのことを好きになるように努力するのは大変なことですよね。

ですから、焦らず子供のペースで、好きになれるような絵本を子供と楽しく探して、無理のないように親子で絵本のある生活を育んでいきましょう。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!