走り回ったり、跳んだりはねたりするのが本当に子供は大好きですよね。私のもうすぐ4歳になる娘も、毎日ソファーに飛び乗っては連続ジャンプです。ソファーが壊れる前にトランポリンを買おうか考えたこともありましたが、部屋での置き場所に頭を悩ませ諦めました。

我が家以外にも、家が壊れる前にトランポリンをと考えていえるご家庭は少なくはないでしょう。もちろん、子供の運動能力向上のためにもトランポリンは魅力的な運動器具です。
しかし、幼児用のトランポリンといえども結構な場所をとりますし、決して安くはないのが実情です。では、幼児にとって良い効果のあるトランポリンはどういったものなのでしょうか。いくつかご紹介いたします。

トランポリンの魅力

トランポリンの購入を検討した理由がソファーを壊されるのを防ぐためという、我が家と同じような境遇な方もたくさんいらっしゃると思いますが、もちろん真面目に子供の運動神経を考えてというご家庭もいらっしゃるでしょう。では、トランポリンは幼児にどのような効果をもたらすのでしょうか。

まず一番に、筋力と体幹のトレーニングができるという点です。トランポリンはジャンプしながら空中でバランスを取るので、インナーマッスルを使用することになります。それにより筋力や体幹を鍛えることになります。

そして、トランポリンを続けることで脳の発達にも効果があり、記憶力や集中力、理解力が高まるといわれています。運動神経だけでなく、脳の運動にも役立つので一石二鳥です。

気軽に遊べるのもトランポリンの魅力ですよね。誰かと競うものでもなく、楽しくはしゃぎながら運動神経や脳を刺激できるのは、とても魅力的です。

お薦めのトランポリン

では、実際に家庭で購入できる幼児用トランポリンにはどういったものがあるでしょうか。

<手すり付きトランポリン>
子供がトランポリンを使用する際、親として落ちるのではないのか心配になりますよね。その心配を解消してくれるのが、こちらの手すり付きトランポリンです。
110㎏まで対応しているので、大人でも使うことができます。親子で楽しめますね。使わないときはコンパクトにたためるので、置き場所に困ることもなさそうです。

<防護ネット付きトランポリン>
こちらも子供の落下や飛び出しを気にすることなく、思う存分遊ばせてあげられるトランポリンです。ただ、こちらの耐重量は50㎏とあくまで幼児用となっていますので、大人は使用できません。対象年齢は2歳から6歳となっていて、二人同時に遊ぶことができます。

<アンパンマン ぴょんぴょんジャンプ トランポリン>
幼児用といえばこちらのトランポリンは外せませんよね。いろいろと調べる前は私自身も、幼児用のトランポリンといえばアンパンマンのトランポリンと勝手に決めていました。
小さめのごくシンプルなトランポリンですが、子供視点であればこちらのトランポリンがナンバーワンかもしれません。

楽しみながら運動を

親が運動能力向上を求めて与えたトランポリンも、子供にとっては最高の遊び道具です。でも、それが一番大切なことですよね。幼児は遊びの中で身体も心も発達させていきます。
楽しく跳ねて遊んで、ときには大人も一緒にはしゃいで、親子でトランポリンを堪能しましょう。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!