我が子の成長度合いは、親であれば誰もが気になるところですよね。1歳前後はハイハイやあんよの身体の成長を見守ってきましたが、1歳半近くになると今度は言葉の成長が気になってくる頃です。子供の言葉の遅れを感じている親御さんならば、周りの子供と比べてしまって心配になることもあるでしょう。

そこで今回は、1歳半くらいの子供の言葉の遅れについてと、その改善トレーニング法を少しご紹介します。

1歳半の言葉

そもそも、1歳半くらいの子供はどれくらいの言葉を話すことができるのでしょうか。この頃にはある程度言葉の意味を理解し、いくつかの言葉を話し始める子供も多いでしょう。
1歳半健診でも言葉の確認をしますが、一般的な基準として「ママ」「パパ」「ワンワン」「ブーブー」などの言葉を3個ほど話せれば、言葉の遅れはないと判断されます。

1歳半くらいの言葉は、本来のおしゃべりな性格や無口な性格、家族とどれくらいコミュニケーションをとっているかなども影響してきます。おしゃべりで10語使える子供もいれば、マイペースで1語だけという子供もいるでしょう。1歳半健診で問診にクリアできなかったとしても、この時点で急に焦ることはありません。特に問題はないのに、2歳くらいまで意味のある言葉を使えない子供もいますので、じっと見守ってあげることが大切です。

改善トレーニング法

焦りは禁物とわかっていても、大事な我が子の成長に一喜一憂してしまうのが親というものです。そこで、言葉の遅れを改善するトレーニングを子供と一緒にしてみるのもいいかもしれません。その、改善トレーニング法を少しご紹介しましょう。

トレーニング法といっても、一番の方法はたくさんの声かけをすることです。子供と意識的にコミュニケーションの時間を増やすことを心がけることが大事なのです。
しかし、おっとりした子供や無口な子供にやみくもに話しかけても、親が疲れてしまいますよね。そういった場合はいくつかのテクニックがあります。

絵本を参考にしてみてください。1歳半頃の子供に適した絵本には、子供がわかりやすい表現や大好きな擬音語が工夫して使われています。犬や猫のイラストを指さししながら「ワンワン」「ニャーニャー」とテンポよくリズミカルに、子供に聞かせてあげてください。

子供の様子を擬音で表して話しかけるのもいいかもしれません。「ニコニコだね」「ねむねむかな」「しくしくなのね」など、絵本と同様、子供はこういった擬音や繰り返し言葉に興味を示します。子供の機嫌も伺えて一石二鳥です。

子供によって、どういった言葉に興味を覚えてくれるのかは違いますが、とにかく子供に言葉のシャワーを浴びせてあげることが一番のトレーニングとなります。
子供と遊び、話しかける時間を増やすことが子供の言葉の発達に刺激を与えます。言葉の遅れを改善するトレーニングと構えるのではなく、真剣に子供と遊んであげましょう。

焦らずゆっくりと

言葉の遅れを感じると「うちの子は発達障害かしら」なんて、必要以上に心配してしまう親御さんもいらっしゃるでしょう。残念ながら、将来的にそういった診断を受けるお子さんも実際にいるかもしれません。しかし、1歳半くらいのでの言葉の遅れは、すぐに発達障害につながるものではありません。焦らずゆっくり、子供との時間を楽しみながら言葉の成長を見守っていきましょう。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!