子供に、絵本を読み聞かせてあげる機会がありますが、時々興味を持ってくれなかったりすることがありますよね。
その時、どんな風に読んであげたらいいのか悩んでしまいます。
そこで、今回は絵本読み聞かせのコツについて紹介をします。

絵本の読み聞かせのコツ

子供に絵本を読んであげるのは、やはり子供に興味を持ってもらうことが、大切です。
絵本を聞いていて、いろんな想像が膨らんだり、次はどうなるのかを考えさせるのに、とてもいいと言われています。
それには、絵本を読み聞かせのコツが大切です。

・子供の想像力の邪魔を行わないこと

絵本を読み聞かせているときに、人物の声を大げさに変えたり、表情などを実際に表現しないことが大切です。
少し声を変えたりするのはいいと思いますが、表情などは子供の想像する力を邪魔してしまうので、変えないようにしましょう。

・絵本のまま読んであげる

子供を楽しませてあげようと思って、絵本に書いていない文などを勝手に作るのはやめましょう。
絵本には、言葉と絵がきちんと合うように作られているので、それを大切にして読み聞かせてください。

・絵本に動きを付けない

歩くなどであったら、絵本を動かして、歩いているようにした方がわかり易いと思って動きを付けたくなりますよね。
でも、子供は絵本の絵をしっかりみて、感じ取ることができるので、余計な動きをつけることで、邪魔してしまうことになります。
動かさないように、ありのままの絵を見せてあげてくださいね。

・年齢に合った本を読んであげる

子供の年齢にあった絵本を読み聞かせることが、1番大切になってきます。
年齢に合っていないと、理解できなかったり、楽しく感じることが出来ないからです。

絵本の読み聞かせは成長に効果的

子供に絵本を読み聞かせてあげるのは、子供が成長していく中で最も大切なことなのです。
子供は、ただ絵本を聞いているだけではなく、いろいろ感じとったり、想像したりしています。

絵本の読み聞かせを行うことで、精神状態を落ち着かせる効果があります。
また、リラックスすることが出来るのです。

絵本を読み聞かせることで、脳に働きかけることが出来ているのです。
そうすることで、コミュニケーションや感情コントロール機能が働き、日常でもいろいろ感じ取るとこができます。

好奇心が芽生えることがあります。
絵本を見たり聞いたりすることで、子供の好きな物を見いだせてあげることふが出来ます。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!