就学前の子供を預ける施設として考えるのは、一般的には保育園や幼稚園ですが、教育熱心なご家庭でしたら英語プリスクールも選択肢の一つとなるかもしれません。
保育園や幼稚園と同様に子供を預けることができる上に、英語力までつけてもらえる英語プリスクールですが、残念ながらメリットだけでもないようです。

今回はここで、英語プリスクールに通うにあたってのメリットとデメリットについて少しお話ししましょう。

英語プリスクールのメリット

英語プリスクールに通う最大のメリットは、当然ですが英語力を幼いうちから養えることです。英語に囲まれた環境で生活することになりますので、必然的に英語を使いこなせるようになります。語学力を無理なくつけさせるには、小学校に上がってからの塾通いよりも、より一層頭が柔軟な幼児の頃から始めるのが最適です。英語プリスクールはバイリンガルを育てるのに最高の場所です。

国際的感覚が身につくのも英語プリスクールのメリットの一つです。日本だけではなく、海外の文化やイベントも取り入れた行事が多いので、自然と外国の人々の生活感覚を身につけることができます。保育園や幼稚園に通う子供にはまだ「外国」という認識すら難しいかもしれませんが、英語プリスクールに通う子供は早くから外国への興味を持つことができます。

英語プリスクールのデメリット

残念ながら、メリットとデメリットは表裏一体です。英語プリスクールに通う最大のメリットが英語力ですが、一番のデメリットは国語力です。英語プリスクールに通っていた子供は国語の読解力に欠ける傾向があり、特に長文読解を苦手とする子供の多くはプリスクール出身というケースが多いようです。小学校に上がってからのテストは、もちろん国語以外の教科でも問題は日本語で出されるため、英語に慣れ親しんできたプリスクール出身者には不利に働いてしまうかもしれません。

もう一点、デメリットとして挙げられるのが保育料の高さです。保育園は親の収入により保育料が変わってきますが、一般的な幼稚園での保育料は平均2万円から3万円程です。
英語プリスクールは月額8万も珍しくはなく、預かり時間は幼稚園と同様に長くても午後2時くらいまでです。しかも、無認可が殆どですので、スクール選びには慎重にならなければいけません。

他にも、少人数制の英語プリスクールに通う子供は、集団生活をしている幼稚園児に比べて社会性に欠けると言われていたり、躾に関しても厳しい意見があるようです。

後悔ないスクール選びを

英語プリスクールだけではなく、保育園と幼稚園にもメリットとデメリットがあります。保育園では幼い頃から集団生活が身につけられるが、教育の面では幼稚園に劣ると言われていますが、今は教育に熱心な保育園もありますし、自由にのびのびがモットーな幼稚園もあります。

それと同じように英語プリスクールにもメリットとデメリットがあるだけなのです。それを知ったうえで、そして足りない部分を家庭で補うことができれば、英語プリスクールは子供にとってとても良い環境になるかもしれません。子供の適性を見極め、慎重にスクール選びをしてくださいね。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!