子供の習い事でスイミング教室は今も昔も大人気です。赤ちゃんの頃から始められるベビースイミングも人気ですが、では実際いつから始めるのがベストなのでしょうか。

スイミングはいつからがベスト?

いつからスイミングを始めるのが良いかというと、結論、いつがベストだという基準はありません。いつから始めるかは考えや目的で変わってくるので、いつ始めても良いのです。

生後6ヶ月という早い時期からのスイミング教室では、水に慣れることや体力をつけることを目的としています。幼稚園に入る前の3歳くらいまでのスタートも同様に、泳ぐことを目的とはせずに、水への恐怖心をなくすことがメインとなります。こういった幼少期のスイミング教室はママと一緒に参加することになるので、親子のスキンシップにもなります。
小学校に入る前にある程度泳げることを目標としているのならば、幼稚園に入園してからの4歳から5歳が良いとも言われています。

スイミングはいつから始めても決して遅くはないスポーツです。将来は水泳選手に育てたい、小学校入学前にきちんと泳げるようにしたいなどの強いこだわりがなければ、周りに合わせて焦って始める必要はありません。水に慣れることを目的として始めても、中には水を怖がる赤ちゃんもいます。続けていれば慣れるかもしれませんが、無理強いをすると逆効果になり、水に強い恐怖心を抱く結果にもなりかねません。

実際に私の知人のお子さんは、先生に「いつかは慣れますよ」と言われスイミング教室を半年間続けた結果、水が大嫌いになって辞めてしまいました。1歳前から始めたようでしたが、半年間泣き続けていたと聞きました。

各家庭の希望もあるとは思いますが、体験教室や短期教室などで子供の反応を見てからスイミング教室に通うべきかどうか判断した方が良いでしょう。子供自身がスイミングに興味を持ち始めた時が一番の始め時かもしれません。いつからがベストという答えは、子供が教えてくれるはずです。

では実際にスイミングをスタートできたら、どんなメリットがあるのでしょうか。少しご紹介しましょう。

スイミングのメリット

スイミングには水に慣れることや親子でスキンシップをはかれること以外にも、たくさんのメリットがあります。

まずは身体が丈夫になること。免疫がアップして、風邪をひきにくい体を作り上げることができます。心肺機能も発達し、喘息の症状改善にも良いと言われています。
スイミングは全身の筋力を均等に使い、関節や骨に過度な負担をかけずにバランスよく身体を鍛えることができます。

精神面では忍耐力や向上心のアップが期待できます。泳ぐこと自体は個々の頑張りですが、教室として集団で習うことになるので、周囲と切磋琢磨しながら成長することができます。

スイミング教室がずっと変わらず人気なのには、メリットが多いからという理由があります。せっかくですから、子供には長く通ってもらいたいものです。
いつからが一番という周りの意見に惑わされず、我が子なりのベストなタイミングを見計らって、スイミングは楽しいものだと感じてもらってくださいね。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!