ずいぶん昔から子供の習い事として人気のあるピアノ教室ですが、スイミングスクールや体操教室とは違い、知名度の高いヤマハの音楽教室や個人で教えてくれるようなピアノ教室があります。特にヤマハには幼児科という子供のためのクラスが設けられていますが、我が子に合うのはそのヤマハ幼児科なのか、個人ピアノ教室なのか迷ってしまいますよね。

そこで今回は、ヤマハ幼児科と個人ピアノ教室の比較をして、メリットやデメリットに少し触れてみましょう。

ヤマハ幼児科

まずは、ヤマハ幼児科がどういったクラスか簡単にご紹介しましょう。ヤマハ幼児科は4歳と5歳の子供が対象で、この時期は聴覚がぐんと伸びる時期でもあり、ちょうど音楽を始めるのに良いとされています。

レッスンはきく、うたう、ひく、よむのプロセスで進められます。先生の演奏やCDを聴いて音楽を聴きとれる耳を養い、実際に歌詞や先生のピアノのメロディーをまねして歌うことで音楽を把握していきます。ピアノは最終的には両手で弾けるようになることを目標に、そして弾いた曲を楽譜でも確認できるようにしていきます。

レッスンは1回60分の年40回となり、10名程度のグループで行われます。料金は月額6,000円で、別途教材費がかかります。ヤマハ幼児科は2年という短い期間ですが、子供のためにしかりと考えられたカリキュラムに沿って練習することができ、小学生にあがってからはジュニアスクールという次のステップも用意されています。

個人ピアノ教室

全国どこの教室でもカリキュラムが決まっているヤマハ幼児科と違い、教室ごとに特色があるのが個人ピアノ教室です。月謝やレッスン時間だけではなく、授業の進め方や順序にも違いがあります。ピアノを弾くことに力を入れている教室もあれば、音感や聴く力を大切にする教室もあります。

ヤマハ幼児科のように2年間というような期限もなく、やる気さえあれば長期間続けることができます。ただ、個人ピアノ教室は教室ごとに個性があり、先生との相性もありますので、子供に合う教室を見つけるのはなかなかに難しいかもしれません。

ヤマハ幼児科と個人ピアノ教室を比較して

ヤマハ幼児科と個人ピアノ教室について簡単に説明しましたが、結局のところ、どちらがおすすめかという答えはありません。ピアノ教室に様々な練習方法や特色があるように、子供それぞれにも個性があります。大人数で友達と楽しみながら音楽に触れていきたい子供もいれば、先生と1対1で黙々と練習したい子供もいます。親同伴でなければ安心してレッスンに入れない子供がいれば、一人でも大丈夫な子供もいます。音楽を学ぶといっても内容は幅広く、ヤマハ幼児科のように譜読みより歌って覚えるレッスンが好きな子もいれば、楽譜を見ながら音楽を勉強したい子もいるでしょう。

レッスン内容以外に、月謝や教室まで通う時間なども、教室を選ぶ際には考えなければいけないことです。親子でヤマハ幼児科の体験教室や個人ピアノ教室の見学などにどんどん参加して、子供が心から音楽を楽しめる教室を一緒に探しましょう。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!