子供に、挨拶をしつけるには、初めはどのようにしたらいいのか悩みますよね。
また、何も言わなかったりしたら、強い口調で怒ってしまうことがあると思います。
そこで、今回は子供が自分から挨拶するしつけのコツについて紹介をします。

子供に挨拶を身に着けるコツ

子供に挨拶など、しつけるには、まず日常生活の中で取り入れることが大切です。
大人が常識と思っていても、子供には常識と感じないからです。
そこで、家庭内で取り込むことでその常識を身に着けてあげることが出来ます。

朝起きると「おはようございます」
ご飯を食べるときは「いただきます」
ご飯を食べ終わると「ごちそうさまでした」
寝るときは「おやすみなさい」
など日常生活の中で、挨拶をしっかりすることで、子供も自然と出来るようになります。

親が手本を見せてあげるのも、良いしつけですよ。
外で、誰かと会ったら「こんにちわ」などきちんと挨拶をしていると、子供はしっかり見ているので、挨拶をするのだ!と思うのです。
親がしていないと、子供に挨拶をしなさいと言っても、子供はなぜしないといけないのか分からなくて出来ないです。

子供が自ら挨拶が出来たときには、しっかり褒めてあげましょう。
子供は、親に褒められるのが、1番の効果があるのです。
そうすることで、自然と挨拶が身に付くことが出来ます。

挨拶ができなかった時の対応の仕方

子供が挨拶できなかったりすると、周りからきちんとしつけが出来ていないと思われてしまいそうですよね。
だから、子供が挨拶できなかったりしたら、しつけと言って怒ってしまったり、強い口調で「挨拶しなさい」と言ってしまいますよね。
そのしつけ方は、子供にとって逆効果です。

子供は、年齢や個人差はありますが、恥ずかしがり屋さんの子供もいます。
また、あまり顔見知りでなかったりすると、相手に恐怖心を抱いているかもしれません。

そのような子供の気持ちを、しっかり理解してあげることが、しつけの中で大切です。
そんな時は、しつけと言って怒るのではなくて、一緒に挨拶をするように促してあげます。
その時、言葉にすることが出来なくても、頭をさげることが出来ただけでも、しっかり褒めてあげてくださいね。

常識を身につけるには、家庭での挨拶が基本

大人が常識と思っていても、子供にはまだその常識が身についていないということを、しっかり理解しておくことが必要です。
常識を身に着けるには、家庭内での挨拶が必要となってくるので、しっかり家庭内でも取り組んでくださいね。

また、出来ないからと言って、起こるのではなく、なんで出来なかったのか子供の気持ちを聞いてあげることが大切です。
怖かったり、恥ずかしかったりしていたら、きちんとそのことを受け入れてあげましょう。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!