子供の教育方法を自由に選べるようになってきている今、プリスクールに通わせて英語に力を入れているご家庭も多いでしょう。
幼稚園の子供たちと同時期に通うプリスクールですが、この時期の子供たちの言語習得力は本当に素晴らしいものです。まさに乾いたスポンジのごとく、新しい言葉を覚えていくのです。

しかしながら、その鍛えられた英語力も卒業後の進路によっては維持が難しくなってくる可能性があります。子供をプリスクールに通わせていた親御さんにとって、プリスクール卒業後の進路は大きな悩みとなっているようです。特に、公立の小学校へ入学した場合の英語力維持は大変な問題となってきます。

そこで今回は、小学生になってもプリスクールで培った英語力を維持する方法をご紹介しましょう。

公立小学校での英語力維持法

プリスクール卒業後の進路選択として、公立の小学校以外には、英語に力を入れている私立の小学校やインターナショナルスクールなどがあります。こういった学校に通うことができれば英語力維持は可能といえるでしょう。ですが、ここで心配になってくるのが国語です。プリスクールに通わせている時点で、日本語力は普通の幼稚園に通っている子供たちより劣っているのは当然です。引き続きインターナショナルスクールなど英語メインの生活を送っていくことになれば、日本人としての国語力を得られないことに不安を感じることもあるでしょう。そういった理由で、プリスクール卒業後は普通の公立小学校に通わせるご家庭が多いようです。

さて、小学生になっても英語力を維持する方法ですが、放課後の英語塾やプリスクールが卒園生のために設けているアフタースクールに通うのが一般的です。
要は、放課後を英語漬けにするしか方法がないのです。今は小学校でも英語の授業はありますが、小学生になって初めて英語に触れる子供を対象としているので、プリスクールに通っていた子供にとっては英語力を維持するだけの内容とはならないでしょう。

インターナショナルスクールの学費は年間100万円以上かかるのが普通で、公立小学校に比べて驚くべきものです。そこで、インターナショナルスクールに通えなかった分、春休みや夏休みなどの長期休暇に短期の海外留学を体験させあげるのもいいかもしれません。小学生での海外経験は英語力維持のためだけではなく、今後の子供自身の成長にも大きな影響を与えるでしょう。

英語力維持は親子協力体制で

小学生になったといっても、英語力維持のために何かをしなければならないと自分自身で考えるのはまだまだ難しいでしょう。しかも、英語が自然に身についていたプリスクール卒業後、小学生になった途端に英語は勉強するものになってしまうと、子供は苦痛に感じてしまうかもしれません。

英語力を養うのは子供ですが、その環境を整えてあげるのは親の役目です。しかし、それが無理強いという形になってしまってはいけません。プリスクール上がりで小学生になった子供は、普通の幼稚園に通っていた子供に比べて、環境の変化をより一層感じることでしょう。どの程度の英語に触れさせてあげればベストなのかは子供によって違いますので、そこをしっかり見極めて、プリスクール卒業後の英語力を維持できるようにしてあげましょう。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!