商品名:アンパンマン NEW まるまるパズル トーホー
値段:1530円
おすすめの年齢:1歳6ヶ月以上

アンパンマン NEW まるまるパズル トーホーのおすすめポイント

うちの子は3人いますが、どのこもアンパンマンが大好きなので、対象年齢の1歳6ヶ月くらいの時は、この商品のアンパンマンを見てすごい喜びます。

また、カラフルなので最初はこのおもちゃに興味を示してきます。転がすとカラカラ音がして、最初はそんな事に喜んで遊んでくれます。

だんだん子供に知恵がついてくると、穴にパズルを入れたがりますが、色や形の区別がいまいち付かないので、うまく入りません。

親が隣で上手くボールの形を回しながらアシストしてあげると、パズルがはまってボールの中に入るのを喜んでくれます。

また、パズル一つ一つに可愛らしいアンパンマンのキャラクターが描かれているので、それを見てキャラクターを探すだけでも楽しんでくれます。

そのうち、色や形の区別がつくようになってきて、自分で合わせてパズルをはめようとします。

その時が来ると、なんとも我が子の成長を目の当たりにすることができて、ちょと親として感動するものです。ついこの前まで出来なかったことが、もう出来るようになっているなんてと、我が子の著しい成長に感謝です。

おしゃべりが出来るようになってくると、赤・青・緑・オレンジと色を言いたがったり言えるようになったり、アンパンマンのキャラクターをクイズにして当てれるようになったり、大人と簡単なクイズをして楽しめるようになります。

そんな頃には、一人でフタを開け閉めして、ボールの中に入ったパズルを自分で出したり、またパズルをはめてボールの中に入れたり、自由自在に何度も遊んでくれるようになります。

隣でその様子を見ていると、小さいなりに一生懸命に色や形を合わせようと考えて、はめている様子が分かってとても微笑ましいものです。

つい一つパズルがはまってボールの中に入ると、親子でパチパチと拍手をしてしまいます。その度に親子でテンションアップです。

もう少し大きくなったら、丸・三角・四角・星型・ハートなど形の名前も覚えてきます。形の区別も楽しい遊びのひとつになります。

このおもちゃはいろいろな面で、親子で子供と楽しみながら頭を使って覚えたり指先を使って遊んだりすることが出来るおもちゃの一つです。

子供の成長を目の当たりにすることができるので、我が家の子はどの子も段階を経ておもちゃを使用して、色んなことを覚えたりできるようになったりしていってくれました。

そんな我が子の成長の様子を見せてくれたこのおもちゃに感謝しています。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!