商品名:duploデュプロ
値段:3980円
おすすめの年齢:2歳~

duploデュプロの特徴とオススメポイント

手先が少しずつ器用に動かせるようになる時期なので、大きさも握りやすいちょうど良いサイズ感で、持ちやすいです。
重ねて遊んだり、写真を見て同じように作ろうとしたり、大人につくってとお願いしたりと幅広く遊べます。

持ちやすいサイズなので、重ねやすく高く積み上げるのが楽しいようで、限界に挑戦したり、逆に少なめに積み上げて、高い、低いがわかるように遊びの中で取り入れたりできます。

車や家、犬や人間も入っているので、ごっこ遊びにも使えます。
特にタイヤがついているブロックは、くるまにも電車にも、工事関係の車にもなるので、遊ぶ幅が広がり、コミュニケーションを、とりながら遊ぶことができるので飽きずに長い時間遊べます。色合いも鮮やかなので、ブロック遊びだけでなく、色遊び等、色を覚えながら楽しく遊べると思います。

また、数字が1~3がはいっているので、数遊びにも使えるので遊びながら興味をもって学べると思います。
そのほかに動物の絵柄やリンゴの絵柄、花がついてたりするので、創造力を膨らませながらごっこ遊びや作る幅が無限に広がります。

2歳からのduploデュプロの遊び方

2歳から楽しく遊べますが、ブロックを、増やしてさらに色んな物を作れたりするので、長い年齢を通して遊べるので誕生日やイベントにプレゼントするのにちょうど良いかと思います。

duploは緑の箱の他にピンクの箱があり、そちらは女の子用にかわいい色合いのブロックか入っており、ごっこ遊びをするのに良い種類のブロックが沢山入っています。

ピンクや赤系、ごっこ遊びが好きな子はそちらの方が良いかもしれません。緑の箱はタイヤ付きのブロックが入っているので、男の子向きですが、緑の箱は、どちらでも使える商品かなと思います。

3歳になれば少しブロックを増やしてあげると、自分で考えて作れるので小分けで少しごっこ遊びや繋げて家や電車、線路等を作って自分の思い思いのものを作れるようになると思います。

片付けもブロック入れがついているので、片付けがしやすく、場所もとらないくらいの量、大きさなのと重ねて置けるのでおく場所には困らないかと思います。

3歳からのduploデュプロの遊び方

3歳位になると数字に興味がでてくる頃なので、数字のブロックを使いながら、数の勉強を、ぶろっくを使ってしたり、見本を見せながら、積み重ねて遊ぶと、より数字の概念がつきやすく覚えるのが早いかと思います。
色は四~五種類ほど入っているので、色んな色を使いながら色遊びを楽しんで覚えていくかと思います。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!