子供には、小さい頃から英語を身に着けたいと考えている親は、多いですよね。
今では、プリスクールがあり、英語を学ぶには良い環境ですが、メリットとデメリットがあります。
また、費用も気になりますよね。

そこで、今回は子供がプリスクールに通うメリットとデメリットと費用について説明します。

プリスクールに通うメリット

子供に英語を身につけるには、プリスクールに通わせるのが、良いと言われています。
プリスクールの先生は、ほとんどの方が外国人であるので、本格的な英語を学ぶことが出来ます。
英語教育の中で、最も効果的とも言われています。

週3回から登園することができ、1日4時間〜5時間の保育となっています。
その間は、友達との会話であっても、英語で話さないといけないので、自然と英語が身に付きます。
英語の音楽が流れていたりと、生活の中でも自然と英語を取り入れているので、学ばされている感がないので、子供も馴染みやすいのが特徴です。

プリスクールに通うデメリット

英語を、自然と学ばせたいと思っていても、プリスクールがあまりないのが現実です。
その為、教育方針などを選んで、入園させるのが難しくなってきます。
また、費用も少し高くなっています。

プリスクールは少人数であるので、園庭やプールなどの設備が不十分なところが多いです。
その為、外遊びをおもいっきりすることができなくて、それに対して少し不満を感じてしまう親も多いです。
少人数でのプリスクールであるので、友達との輪を学ぶことが、幼稚園や保育園に比べて少なくなってしまいます。

毎日の会話が、英語であることは、英語を学ぶ上で最も効果的でありますが、小学校に上がると国語の読解力が身に付きにくくなっています。

英語と日本語は、異なってくるので、そのような面で、差が出てきてしまうのは事実です。
自宅で、しっかり日本語で会話をして、日本語も身に着けてあげてくださいね。

プリスクールの費用

プリスクールに通わせたいけれども、気になるのが費用ですよね。
プリスクールによって、費用は異なってきますが、だいたい月に8万〜16万円の費用がかかると言われています。

幼稚園などであったら、費用は2万〜3万などで、世帯年収に応じて金額は変わってきますが、プリスクールにはそのような対応がないので、年収に変わらずみんな同じ費用です。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!