子供を、有名な学校に入学させたいと考えている両親は、多いですよね。
今は、サラリーマン共働きの家庭が多いですが、小学校受験をさせても大丈夫か不安に感じてしまいます。
でも、今では、サラリーマン共働きの家庭でも、小学校受験に成功している例が多くあります。

そこで今回は、サラリーマン共働きで小学校受験は可能か?について説明します。

サラリーマン共働きでも小学校受験は可能?

小学校受験と聞くと、お父さんが良い企業に勤めていて、お母さんは専業主婦の家庭が多いと思ってしますよね。
でも、今の世の中はサラリーマン共働きでも、小学校受験を行っている家庭も多いです。
親と子供のやる気があれば、小学校受験をすることができますよ。

今では、土日に通うことが出来る幼児教室も増えているので、サラリーマン共働きでも通うことが可能になっています。
夏期講習などで、親も一緒に参加しないといけないときがありますよね。
その時は、夫婦のどちらかが休みを取って、参加することも出来ます。

でも、夫婦が無理を行わないようにしましょう。

時間を有効に使うことが合格のポイント

サラリーマン共働きであっても、きちんと子供と向きあっていたら、小学校受験は合格することが出来ます。
それには、時間づくりの工夫が大切になってきます。

サラリーマン共働きであると、昼間に時間を作って、子供の勉強を見てあげたりすることができないですよね。
限られた時間を有効に使うことが、小学校受験の合格に導いてくれるのです。

それには、日常生活の中で、習慣をつけることが大切になってきます。
食事の手伝いを一緒に行ったり、親子で会話をする時間をしっかり設けてくださいね。
就寝前には、ペーパー問題を何枚説くかを決めて、習慣付けることで、効率よく学ぶことが出来ます。

サラリーマン共働きであると、習い事を習わせるにも、限りがあると思います。
でも、多くの習い事を習わせているからといって、必ず合格するということはありません。
子供に、あまり負担をかけないようにして、楽しみながら勉強してもらえる環境作りが大切です。

小学校受験の費用はどれくらいかかる?

子供の小学校受験には、何百万円とかかるイメージがありますよね。
でも、それは、習い事をいくつか通わせていたりした場合であるので、個人差があります。

サラリーマン共働きでしたら、年収は800〜1200万円ほどと言われていますので、小学校受験を行うには収入があります。
また、サラリーマン共働きであると、時間にも限りがあり、習い事も多く通わすことが難しくなります。
その為、塾だけであったりして、以外にも出費があまりないこともあります。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!