子供に、公文を通わせたいと思っている親は、多くいますよね。
でも、実際に通わせるなら、いつから通わしたらいいのか分からないと感じる方も多くいます。
また、その中には、どのような効果や口コミが実際にあるのか不安を抱いている親も多いと思います。

そこで、今回は公文にいつから通わせるべきかと効果・口コミについて紹介します。

公文はいつから通わせるべきなのか

公文は、幼児から中学生までの幅広くの子供が、通っています。
幼児であると、線を書いたり、ひらがなの練習を主に行います。
自宅で、子供に教えるのは難しかったりするので、公文に通わせるのはいいですよね。

公文であると、先生と二人三脚で学ぶことが出来るので、しっかりと学ぶ事が出来ます。
また、個人のレベルに沿って学習することが出来るので、子供も勉強がしやすい環境です。

幼児の時から公文に通っていると、先取りすることができますし、小学生になると、勉強することに抵抗なく馴染むことが出来ます。

だが、必ずしも幼児から通わせるのが、適切であるとは言えません。
教室によっては、幼児を対象にしていない教室もあります。
幼児や小学生低学年までは、通信教育で学ばれる方もいます。

子供としっかり話し合って、適切な時期に、公文に通わせてあげたらいいと思います。

公文に通わせることによる効果

公文に、実際通わせることで、子供に多くの効果があります。
公文は、大量の計算問題を解くことで、有名です。
それを繰り返すことで、計算する速さが、圧倒的に早くなります。

また、集中して問題を解くため、集中力がしっかりつきます。
公文は、宿題が出るので、自宅での学習習慣を身に着けることが出来ます。

基礎をしっかり固めることが出来るので、応用問題も解くことが出来ます。
また、出来たらすぐに先生が採点してくれるので、苦手を知ることも出来ます。

公文の口コミ

公文を実際に通っている方の口コミで、最も多いのが、「計算する速さが早くなった」が圧倒的に多いです。
やはり、多くの計算問題を解くことで、計算力が身に付くのでしょう。

中学受験をする家庭でも、幼児期や小学校低学年から公文に通わせているところが多いです。

「公文は先生が丁寧に教えてくれる」という口コミも多くあります。
問題を解き終ると、先生が採点してくれ、分からない所をしっかり教えてくれるのは、魅力的ですね。
口コミでも、「子供が出来たと感じることができる」というのは多くみられます。

後は、「月謝が、1教科で7000円〜6000円は安い」という口コミです。
塾に行くと、数万円かかるのにくらべると、安いです。
しっかり、身に付くことが出来て、この価格であると安いと思われる親は口コミでも多くいます。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!